8/12 初の単著「YouTubeで授業/学級経営やってみた!」が東洋館出版社より出版されました!

学校・先生のための著作権相談室を開設しました

活動報告・お知らせ
活動報告・お知らせ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

オンライン授業の導入に伴い、著作権に関する質問や相談が増えています。

学校や先生方から多くの問い合わせが寄せられているため、ご要望にお答えし「学校・先生のための著作権相談室」を開設しました。

>>相談・質問はこちらからどうぞ

 

ご参考までに、いままで寄せられた質問の一部を紹介します。

 

 Q.Zoomでオンライン授業をします。CDなどの持っている音源をYouTubeにアップロードしていいですか。

(国公立・中学校・音楽科/私立・小学校・音楽科 他)

 

A.アップロードできます。

ただし、アップロードするための条件が2点あります。それは、

・YouTubeへアップロードする際に『限定公開』にすること
・授業だけで使うこと

です。

 

 

Q.次の3種類の動画をYouTubeにアップロードしていいですか。
(1)園歌(校歌)
(2)一般の歌・手遊び
(3)絵本の読み聞かせ

(国公立・幼稚園・担任)

A.アップロードできます。詳細は以下の通りです。

(1)園歌(校歌)
アップロードできます。(公開・限定公開どちらも可能)

 

(2)一般の歌・手遊び
アップロードできます。ただし、演奏の仕方によって公開範囲が違いますので、気をつけましょう。

・自分で歌って伴奏もする→公開・限定公開どちらも可能
・自分で歌って伴奏はCDやカラオケ→限定公開のみ可能

 

(3)絵本の読み聞かせ
アップロードできます。条件は、

・YouTubeへアップロードする際に『限定公開』にすること
・授業だけで使うこと

です。

 

 

Q.Microsoft Teamsを使ったリアルタイム型のオンライン授業で、ゆずの曲を使おうと考えています。
(1)曲を流していいでしょうか?
(2)歌詞を紹介していいでしょうか?

(国公立・中学校・国語科)

A.曲の使用は可能です。詳細は以下の通りです。

(1)曲を流していいか?
可能です。

使える音源は、
①本人の公式YouTubeチャンネルにアップされている本人映像
②本人以外の弾き語り映像
③私物や教材のCD
本人の公式チャンネルでない本人映像は違法ですので使えません

 

使用する際に留意すべき事項は、

・もしYouTubeへアップロードする際に『限定公開』にすること
・授業だけで使うこと

 

(2)歌詞を紹介していいか?
可能です。

使用する際に留意すべき事項は、

・YouTubeへアップロードする際に『限定公開』にすること
・授業だけで使うこと

 

音楽科以外の先生からの質問も大歓迎です。質問はこちらからどうぞ。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者

原口直をフォローする
スポンサーリンク
原口直をフォローする
原口直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました