8/12 初の単著「YouTubeで授業/学級経営やってみた!」が東洋館出版社より出版されました!

【教育実習生向け】学習指導案・模擬授業・学級講話についてのオンライン講座を開講します

活動報告・お知らせ
活動報告・お知らせ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

 

これまで何百、何千と受けてきた学校の授業。いざ授業を考える、生徒の前で話すとなると急にハードルが上がります。

学習指導案や模擬授業は実習校の指導教員の先生にご指導いただけますし、大学の先生にも相談することができます。しかし、

「こんな小さなことを相談したら迷惑かな…」
「先生ってすごく忙しそうで、話しかけづらい…」
「中学生や高校生を直接教えたことがある人に相談したい…」
「実習期間前に相談しておきたい」

と、ためらったことはありませんか。

 

 

スポンサーリンク

学習指導案・模擬授業・学級講話についての講座の開講に当たって

本講座では中学校音楽科の教育実習生約50名の指導教員として現場で実践を積んだ経験を活かし、実習を目の前にした学生さんの相談を親身になって受けとめ、学習指導案・模擬授業・学級講話を考えるスキルをお話しします。

実習校の指導教員からの指導を一番に尊重し、教育実習生が板ばさみにならないように心がけてお話しします。

 

「教員という仕事に興味を持ってほしい」「準備を十分してから教育実習に挑んで欲しい」「学校現場では書類や机ではなく、生徒との時間を大切にしてほしい」という教育実習生への思いと、

「教育実習生へ時間をかけてあげたいけど、普段の業務が減るわけではない」「小さな相談や悩みごとは事前に解決から来てほしい」という指導教員の先生方への思いを両方もちあわせています。

 

教育実習生に向けての役立つ情報はウェブサイト「教育実習生のための記事・情報まとめ」において適宜発信しています。

 

 

スポンサーリンク

学習指導案・模擬授業・学級講話についてのオンライン講座の内容

学習指導案の作成スキル

学習指導案とは…学校の授業1時間ごとに作成する、授業の計画書です。

授業の題材、目標、評価の仕方、子どもの情報、単元全体の指導スケジュール、その時間のタイムスケジュール、使用するプリントや黒板に書くことなど、授業に関することをすべて1つの計画書にまとめます。

教育実習生が授業を行う際には、必ず事前に学習指導案を作成して指導教員の先生から子どもの実態に合っているか、ねらいが明確かなどを指導されます。OKが出ないと授業をすることができません。

 

学習指導案の書き方についてはこちらでも解説しています。

 

模擬授業のスキル

模擬授業とは…子どもに話す内容や話の流れを、子どもに話すように試してみることです。

授業の10~15分間の一場面を指導教員を相手にやってみせます。例えば、音楽の授業で「4分の3拍子と8分の6拍子の違いを説明する場面」では授業者が話す、黒板に音符を書く、手拍子をさせる、曲を聴き比べなどの工夫をして説明を考えます。

また「鑑賞曲を説明する場面」ではパワーポイントや映像を用いて作曲者や時代背景、使われている楽器などを、目標に即して簡潔に説明する必要があります。それを指導教員が聞き、時間、子どもの年齢や既習事項に即しているか、わかりやすい資料かなどを指導します。

 

学級講話(帰りの会やホームルームでの短い話)のスキル

学級講話とは…子どもたちにする短い話です。

たった5~10分ですが、ただ世間話をすればいいのではありません。子どもたちが聞いてためになること、教育実習生の人柄がわかることなどを簡潔に筋道を整理して下書きをし、時間を計り、話す練習をします。

「特別の教科 道徳」の項目や学習指導要領などを参考に、子どもたちの考え方や生き方のヒントになる話題を見つけます。こちらは学級の指導教員に事前に指導をいただき、OKが出て始めて話すことができます。

 

学習指導要領についてはこちらでも解説しています。

 

 

オンライン講座の申込方法・受講方法など

申込は、ストアカの「指導教員の添削前に…学習指導案・模擬授業・講話ちょこっとアドバイス」ページより可能です。

原則として、受講者の都合に合わせた講座となります。日程についてはフレキシブルに開催可能ですので「開催リクエスト」ボタンを押して申込をしてください。(休日・深夜・早朝の開催もお気軽にご相談ください)

 

 

 

[対象]
これから教育実習をむかえる学生さん

※学習指導案、模擬授業については、中学・高校の音楽科に限ります。
※学級、学校全般については、教科は問いません。

 

[方法]
Zoomを使用したオンライン開催

 

[定員]
原則1~3名
友だち同士(同校種や同教科)の場合は4名以上でも対応いたします。

 

[時間]
30分(Zoom使用制限の為)

 

[配時]
5分 :聴き取り(校種、教科、知識や技能など)
20分:相談とアドバイス
5分 :まとめ

 

 

オンライン講座の受講に当たっての注意事項

オンライン講座はZoomを使用します。

セキュリティを考慮し、参加のためのURLやID等は当日に参加者さまにお知らせいたします。

 

【Zoomの使用方法について】

パソコン、タブレット、スマートフォンから参加いただけます。
なお、パソコンの場合、マイクとカメラが必要です。ノートパソコンはほとんどの場合、ついています。デスクトップパソコンの場合はご用意ください。

あらかじめ、Zoomのインストールやサインアップをするとスムーズです。インストールは無料。サインアップ(登録)は任意です。

 

Zoomの使い方は下記をご参照ください

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者

原口直をフォローする
スポンサーリンク
原口直をフォローする
原口直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました