8/12 初の単著「YouTubeで授業/学級経営やってみた!」が東洋館出版社より出版されました!

記事紹介:部活動改革でスポーツクラブ産業育成 経産省が研究会

ニュースコメント
ニュースコメント
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

教員の仕事の中で議論される「部活指導」。

関心が高いのは、自分事として考えられる人が多くいること。そして、それぞれストーリーを持っているからだと感じます。

 

 

文部科学省でも取り組みがなされていますが、経済産業省も動き出しました。

 

経済産業省は「未来の教室」でも見られるように、学校・教育にどんどん踏み込んでいます。文部科学省が「生活と社会」と言っているのですから、これは非常にいいことです。

 

 

研究会では、

▽スポーツクラブ産業が地域の学校体育施設、社会体育施設の指定管理や更新投資に参画することで、質や稼働率の向上につなげる方策
▽アスリートのセカンドキャリアや教員の兼業も含め、専門の指導者が対価を得て指導に当たれる環境づくりに向けた課題
▽家庭の経済的な事情によって、子供がスポーツする機会の不平等が生じないようにするための対策

――などを検討する

 

経済産業省主催「未来の教室」実証事業オンラインキャラバンでは文部科学省の担当者も登壇し、良くも悪くも2つの省の違いや背負っているものの違いを肌で感じました。

両方が利点を活かして動き出せればいいのですが…期待します。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者

原口直をフォローする
スポンサーリンク
原口直をフォローする
原口直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました