【こちらをクリック】学校での著作権の取り扱いについて解説する「学校著作権ナビ」を開設!

記事紹介:文部科学省がスクールソーシャルワーカーの事例集を公開

ニュースコメント
ニュースコメント
この記事は約2分で読めます。

 

学校にいると「これ、教員の仕事の範疇超えてる…」ということがあります。教員の働き方改革を考える中でも、教員のすべきことは整理されてきました。

 

引用:学校における働き方改革の取組状況について(文部科学省)

 

公立学校に勤務していた時には「基本的には学校以外が担うべき業務」の4項目、
…すべてやっていましたねぇ。

①登下校時の交通安全見守りやあいさつ運動
②部活終了後30分くらいに自転車で回るとか、地域内でのトラブルやクレームに駆け付けるなんて日常茶飯 事
③現金も扱っていました。気をつかって面倒だし、こわかった…
④地域との関わりも多かったです。

 

これらが軽くなるだけでも、だいぶ助かります。この中で、

⑭支援が必要な児童生徒・家庭への対応(専門スタッフとの連携・協力等)

で力になってくれる学校の協力者が増えるのは、とても心強いことです。

 

今回はスクールソーシャルワーカーの実例ですが、法律の専門家であるスクールロイヤーがいた方がいいと感じたことは一度や二度ではありません。教員が教科指導や学級指導といった本業に集中できるような、協力体制が必要です。

 

スクールソーシャルワーカーとは…
教育と福祉の両面に関して、専門的な知識・技術を有するとともに、過去に教育や福祉の分野において、活動経験の実績等がある者

1.問題を抱える児童生徒が置かれた環境への働き掛け
2.関係機関等とのネットワークの構築、連携・調整
3.学校内におけるチーム体制の構築、支援
4.保護者、教職員等に対する支援・相談・情報提供
5.教職員等への研修活動 等

引用:スクールソーシャルワーカー活用事業実施要領

ネットや本の情報・専門家への問い合わせでは解決しないことありませんか?
公立・国立の学校現場を知っている経験を生かして、机上の法律と学校現場の皆さんとをつなぎます。現実的に学校での対応が可能な施策を一緒に考えましょう。

▶お仕事・相談・質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭に。
東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導・進路指導・新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。
会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました