【4月25日締切】音楽教育サポートプロジェクト開始!教育実習生・若手教員を支援金・オンライン面談・指導案添削で支援します

記事紹介:子どもにあれこれ言う親が的外れでしかない訳

ニュースコメント
ニュースコメント
この記事は約2分で読めます。

「原口直の一歩先ゆく音楽教育」では音楽教育サポートプロジェクトへの応募者を募集中

支援金の給付・オンライン面談の実施・指導案添削などを行います。
対象は、中学校・高等学校の音楽教員を目指す教育実習生・現場に出て間もない若手の音楽教員です。
募集要項の詳細は下記ページからご確認ください。

音楽教育サポートプロジェクト募集要項

 

引用がとっても多い記事ではありますが、現場で実感を伴っていました。

 

子ども・保護者・教員の三者面談では、
子どもが自分らしく生きている場合、話す割合が 子8:親0:教2 でした。

子どもが「自分はこうしたい、こう考えている、●●高校に進学したい」と子供が“一人で”話し、教員は「現状はこうです、今後こうしましょう」と応える。保護者は黙ったまま。気を遣って「保護者の方は何かありますか?」と教員が聞くと、「子どもが言ったとおりです」と言う。

これは放任ではありませんし、意思疎通が取れていないわけではありません。家でじっくり話し合ってきたという軌跡がしっかり見て取れる。それは子どもが保護者の目や反応を気にせずに、自信を持って話していることでわかります。

 

一方で、
子:保護者:教員の話す割合が0:9:1という家庭も…

この場合も気を遣って「○○さんはどう考えているの?」と子どもに振ります。たいてい子どもも初めて聞いたような保護者の話に面食らっていたり、何を言ってもしようがないとあきらめていたりして、家庭でのコミュニケーション不足が手に取るようです。

 

たくさんの家や親子の形・関係を見ていると、学ぶことが多かったです。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました