【4月25日締切】音楽教育サポートプロジェクト開始!教育実習生・若手教員を支援金・オンライン面談・指導案添削で支援します

記事紹介:【オリコン年間ランキング2020】嵐、総合で通算9度目の首位獲得

ニュースコメント
ニュースコメント
この記事は約1分で読めます。

「原口直の一歩先ゆく音楽教育」では音楽教育サポートプロジェクトへの応募者を募集中

支援金の給付・オンライン面談の実施・指導案添削などを行います。
対象は、中学校・高等学校の音楽教員を目指す教育実習生・現場に出て間もない若手の音楽教員です。
募集要項の詳細は下記ページからご確認ください。

音楽教育サポートプロジェクト募集要項

いくつか提案している音楽の指標の1つ。

 

 

2020年年間音楽ソフトのセールス動向をまとめた『オリコン年間ランキング2020』が発表されました。

 

音楽ソフトの売上金額を集計した「アーティスト別セールス部門トータルランキング」では、嵐が期間内145.2億円(推定累積)で自身通算9度目となる首位を獲得しています。嵐、強し。
内訳は、

9月 20周年記念ライブ映像作品『ARASHI Anniversary Tour 5×20』80.6億円
7月 シングル「カイト」初動売上91.1万枚
11月 アルバム『This is 嵐』「アルバム1位獲得作品数」で17作連続18作目という記録

5人の肩に乗っていたものの大きさを感じます。
すっぽりと空いたこの穴を2021年に埋めるのは誰でしょうか。

1位は安泰であり納得ですが、気になるのは2位です。
邦楽のアーティストを抑えて、107.4億円を売り上げた韓国の男性7人組グループ・BTS

嵐の次がBTS。国内で。

実感がある人とない人が二分する気がします。私は後者です。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました