【4月25日締切】音楽教育サポートプロジェクト開始!教育実習生・若手教員を支援金・オンライン面談・指導案添削で支援します

記事紹介:GIGAスクールで注目「ICT支援員」、採用の極意

ニュースコメント
ニュースコメント
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

「原口直の一歩先ゆく音楽教育」では音楽教育サポートプロジェクトへの応募者を募集中

支援金の給付・オンライン面談の実施・指導案添削などを行います。
対象は、中学校・高等学校の音楽教員を目指す教育実習生・現場に出て間もない若手の音楽教員です。
募集要項の詳細は下記ページからご確認ください。

音楽教育サポートプロジェクト募集要項

 

ICT教育に必要なのは、機器だけでなく「やっぱり人間の心」なのだとわかる良い記事です。

経済産業省の「未来の教室」においてもよく耳にする考え方である、「わからないことは、聞けばいい。調べればいい」。そのための「聞き方、調べ方、方法や相手を知る・考える力」が今後求められる力だということです。

 

喬木村でICT支援員をおこなう長坂亮介さんの言葉には、この大切なことがにじみ出ています。

「ICT関連の知識や経験はなくても自分で調べる力があれば何とかなります。
どうしてもわからないことは機器を提供する企業に聞けばいい。
専門知識よりも、好奇心やコミュニケーション能力が重要です」

 

そうそう!
教員のころ、音楽科は学校で1人…だから、周りに聞くしかない!と開き直って、色んな人を巻き込んできました。

そして巻き込んできた結果、社会(生活の場)・大学・研究(学会)・官庁・産業(企業・団体)に所属する多くの方の力を借りることができました。

 

(私取り巻く業界・力を貸してくれた方)

 

 

 

喬木村のICT支援員の長坂さんは言います。

とくに大事なのは、他者を尊重する「傾聴力」だ。
例えば長坂氏は、教員から相談があった際は、手元の仕事をすぐに止めて対応する。
話しているうちに不安が解消する教員も多いので、まずは否定せずに話を聞くという。
そのうえで、適切なICT活用の提案をする。

これはまさに生活指導の方法ですね。
「子どもの話をまずは否定せずに全部聞く」…基本中の基本です。
大人も同じなのですね。

 

「子どもたちにプレゼンソフトを使わせたいと相談されたことがあるのですが、
よくよく話を聞くと先生の目的はレポート式の冊子を作ることだった。
このときはWordやドキュメントの活用を提案しました。・・・」

 

他にも、ICTを普及させるコツとしてのキーパーソンを見つける方法の実践もあり、うなずける内容でした。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
スポンサーリンク
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました