【教育実習生・指導教員の先生必見】実習前から実習後までのポイントを解説した教育実習ガイド公開中

記事紹介:西大和学園、三井住友カードのVisaプリペイドカード「かぞくのおさいふ」で学内キャッシュレス化を推進

ニュースコメント
ニュースコメント
この記事は約1分で読めます。

 

生活指導で多い項目は校則違反等の身だしなみ、人間関係、そして金銭です。

金銭では、使いこみ・カツアゲ・おごり・おごられ・盗み・盗まれ…
指導には家庭も関わり、人間関係や心理的な分析も入って指導に時間と手間がかかります。指導している側も、お金がからむ内容は気持ちのよいものではありません。

キャッシュレス化の効果は生活で実感することが多いですが、学校でも効果は高いですね。

ただ、キャッシュレスの中にも同じく「使いこみ、おごり・おごられ」はあり得ます。
以前、生徒がおごっていたのは「LINEスタンプ」でした。子どもはいつも大人の先を行きますね…

 

【配慮事項】生活指導の必要な生徒への対応」の動画では、①生徒をコントロールできる場合/②生徒をコントロールできない場合/③時間をかければ生徒をコントロールできる場合、3つのケースにおける生活指導のポイントを解説しました。
この記事を書いた人
原口直

Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭に。
東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導・進路指導・新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。
会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました