【こちらをクリック】音楽のオンライン授業を行なうにあたって役立つと思われる情報を抽出してまとめました

知っておきたい教育用語:PBL

知っておきたい教育用語:PBL時短解説シリーズ
時短解説シリーズ
この記事は約2分で読めます。

今日の言葉は【PBL】

何の略かというと2つあります。

Problem Based Learning
Project Based Learning

ほとんど同じ意味で使われていますが研究者によっては厳密に分ける方もいらっしゃいますので気をつけましょう。両方とも問題解決型学習・課題解決型学習と訳されます。

PBLはアクティブ・ラーニングの手法の一つです。
アクティブ・ラーニングは新しい学習指導要領の「主体的・対話的で深い学び」を実現するための学習方法です。

 

「主体的・対話的で深い学び」という風に説明されるアクティブラーニング。私の実践も踏まえて現場でどうすればいいのかを「【音楽の新学習指導要領】アクティブラーニングとは?音楽の授業実践例の紹介」の動画で解説しました。

 

定義は、
実世界で直面する問題やシナリオの解決を通して、基礎と実世界とを繋ぐ知識の習得・問題解決に関する能力や態度などを身につける学習
のこと

 

PBLの反対はSubject Based Learningです。
「暗記型」「学習の手順が基礎→応用」「答えが1つ」「個人で学習する」という特徴があります。

PBLの実践例はたくさん紹介されていますが、特に大学が多いです。
小中高で少ないのかというとそうではなく、すでに総合学習などで取り入れられていて当たり前にPBLを実施しているのです。

 

詳しい内容・具体的な内容:

PBLの先駆的な研究として上越教育大学と文部科学省が「総合的な教師力向上のための調査研究事業実施報告書」を発表しています。

 

PBLに欠かせないプロジェクター。そのメーカーであるエプソンが授業に取り入れる方法を紹介しています。

ネットや本の情報・専門家への問い合わせでは解決しないことありませんか?
公立・国立の学校現場を知っている経験を生かして、机上の法律と学校現場の皆さんとをつなぎます。現実的に学校での対応が可能な施策を一緒に考えましょう。

▶お仕事・相談・質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭に。
東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導・進路指導・新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。
会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました