【教育実習生・指導教員の先生必見】実習前から実習後までのポイントを解説した教育実習ガイド公開中

時短解説シリーズ

時短解説シリーズ

知っておきたい教育用語:Scratch(スクラッチ)

今日の言葉は【Scratch】(スクラッチ) プログラミングに使う言語のことです。プログラミングについては別の動画をご覧下さい。 プログラミング言語は様々な種類がありますが、Scratchは8歳から16歳...
時短解説シリーズ

知っておきたい教育用語:eラーニング

今日の言葉は 【e ラーニング】 e ラーニングの“e”とは electronic=電子的なという意味です。意味は情報技術を用いて行う学習のことです。 これまではCDやDVDでしたけれども、これからはもちろんパソコンやタブレットを用...
時短解説シリーズ

知っておきたい教育用語:Society 5.0

今日の言葉は【Society5.0】 バージョンアップされた社会のことです。 定義は「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会...
時短解説シリーズ

知っておきたい教育用語:SDGs

今日の言葉は【SDGs】 Sustainable Development Goals「持続可能な開発目標」と訳されます。 2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」...
時短解説シリーズ

知っておきたい教育用語:プログラミング

今日の言葉は【プログラミング】 プログラムを書くことを言います。 プログラムを書くこととは「プログラムを作成し、コンピュータに実行してほしい作業の指令を作ること」です。 2020年度に必修化された小学校における...
時短解説シリーズ

知っておきたい教育用語:ICT教育

今日の言葉は【ICT教育】 Information and Communication Technologyの頭文字を取っています。 ICT教育は、子どもたちの学習への興味・関心を高め、分かりやすい授業を実現する上で効果的と...
時短解説シリーズ

知っておきたい教育用語:EdTech

今日の言葉は【EdTech】 同じ表記ですが読みは様々です。(えどてっく、えどてく、えどぅてく、えどぅてっく) またイントネーションも様々です。 意味は Education とTechnologyを組み合わせた造語です...
時短解説シリーズ

知っておきたい教育用語:DX

今日の言葉は【DX】 そのまま読むほか、デジタルトランスフォーメーションと読みます。 デジタルに変換されることを言います。 経済産業省の定義では、 企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術...
時短解説シリーズ

知っておきたい教育用語:BYOD

今日の言葉は【BYOD】 読み方はアルファベットをそのまま読むだけです。Bring Your Own Deviceの頭文字を取っています。 子どもの私物端末を使った授業や、教員との連絡に活用することを言います。 ...
時短解説シリーズ

知っておきたい教育用語:STEM教育・STEAM教育

今日の言葉は【STEM教育/STEAM教育】 「スチーム」と読んだり「スティーム」と読んだりします。 Science・Technology・Engineering・(Liberal)Arts・Mathematicsの...
タイトルとURLをコピーしました