【教育実習を終えて】教育実習レポートの書き方(実習日誌との違い・共通点とは?)

【教育実習を終えて】教育実習レポートの書き方(実習日誌との違い・共通点とは?) 一歩先ゆく音楽教育(教育実習編)
一歩先ゆく音楽教育(教育実習編)
本サイトはアフィリエイトプログラム等による収益を得ています
PR

中学校音楽の教育実習ガイドを公開中!

【中学校音楽の教育実習生・実習生を受け入れる指導教員の先生へ】
指導教員経験を踏まえて、実習前から実習後までの中学校音楽の教育実習のポイントを網羅的に紹介。

【科目問わず全ての教育実習生へ】
STEP2「教育実習中の心得」・STEP6「教育実習が終わったら」では、指導教員へのお礼状や実習校でのマナーなど実践的知識を紹介。

中学校音楽の教育実習ガイド(実習前から実習後までのポイントを解説)

 

学校での教育研究の経験と、未来につながる新しい学びについて情報発信しています。
このYouTubeチャンネル「原口直の一歩先ゆく音楽教育」では学び続ける先生と学生さんのために、学校で役立つ情報と提案を発信しています。

 

今日は「教育実習レポート」についてお話しします。学校によりますが「教育実習を終えて」「報告レポート」という名称のようです。分量や提出先もまちまちです。
教育実習中に毎日書く日誌とは別の「教育実習レポート」。書く際に気を付ける点や、実習日誌と同じ部分・違う部分はどこでしょうか。

今回は1年間150人以上の教育実習生を受け入れ、教科では6年間で50人以上の教育実習生を見てきた私が教育実習レポートの意義・書き方を解説します。

 

この記事は、次のようなことを知りたい方にご覧頂きたい内容です。

▶初めての教育実習で初めてレポートを書くという方
▶教育実習レポートを書くために必要な下準備を知りたいという方
▶実習日誌と教育実習レポートの違いは何かを知りたい方

 

この動画の他には

【指導教員が解説】教育実習の実習日誌の書き方
実習日誌は日記・記録・感想文ではない。ならば、何を書くべきか?そのためにどのような力をつけておけばいいかという具体的な話をしています。
YouTube再生リスト「教育実習編」
授業そのものについてはもちろんのこと、メイクや身だしなみ・心構えの話・終わってからのお礼状の話もしていますので、併せてご覧ください。

 

も参考になると思います。ご覧ください。

 

 

PR

教育実習レポートと実習日誌との違い

書き方を考える前に、実習日誌と教育実習レポートの違いから整理しましょう。

 

読者が異なる

読む相手が違います。

 

実習日誌→読者は指導教員(長期的には自分自身)
教育実習レポート→読者は大学の教育実習やゼミの教員(長期的には自分自身)

 

実習日誌を読む指導教員は、学校で同じ場面を共有し、授業について議論をしています。なので、詳細な描写を書く必要はありません。

一方、教育実習レポートはその場にいなかった人が読むものです。なので、授業の内容(場面や子どもの様子、関係性など)も書く必要があります。
こうなるとレポートの方が容量が増えます。日誌の中から書くポイントをしぼりましょう。しぼり方は後ほど話します。

 

読む相手の特性も考えます。
日誌を読む指導教員は学校現場、レポートを読む大学教員や担当者は研究の現場にいます。持っている語彙も違えば、優先事項・理念や考えも異なります。
「教育について熱心に考えている」という意味では変わらないのですが、置かれている環境や道のりが異なります。この2つの立場の違いを実習の中で感じることでしょう。それぞれの特性をとらえて、レポートを書きましょう。

 

教育実習レポートを書く時の注意点

注意点として、実習日誌は提出後にしばらく本人の手元に戻ってこないということです
学校によるのかもしれません。私が実習を担当していた頃は日誌を実習校に提出した後に大学経由で戻ってくるので、数週間から数か月かかっていたと思います。

その間に教育実習レポートを提出しなければならない場合、日誌の内容を思い出さなければならないのでメモや写真に撮っておくといいと思います。

 

 

 

PR

教育実習レポートと実習日誌の共通点

実習日誌の書き方解説の動画「【指導教員が解説】教育実習の実習日誌の書き方」では、「日記じゃない」「記録じゃない」「感想じゃない」と説明しています。この点は実習レポートも同じです。

実習日誌は「何を見た。楽しかった」という日記ではない。
「どのような発問だった」「パワーポイントだった」という記録ではない。
「勉強になった」「参考にしたい」という感想文ではない。

ということです。

続けて、実習日誌に書くべきこととして「考察」「本音」「提案」と述べています。この点も実習レポートと同じです。
起きた事柄ではなく、検討・分析をした考察を書く。研究協議会や授業の振り返りでは言い切れなかったことや、そこからさらに考えた本音を書く。そして、「自分ならこうする」「次あったらこうする」という提案を書くことです。

実習レポートも同様で、読み応えのある文章を書くためには、自分の経験から書けること・自分しか書けないことを書きましょう。

 

指導教員つまり「大人」との関わり方をどのようにすればいいのか心配だなという方には「【元指導教員が語る】教育実習生は指導教員とどのように接すれば良いのか?」の動画をおすすめします。

 

 

PR

教育実習レポートの構成例

自分しか書けないこととは何か。

レポート書くためには様々な手法がありますが、自分しか書けない文章を書くために「ミクロ・マクロの視点」で書くことを提案します
マクロは森のイメージ・マクロはその森を構成する木というイメージです。

 

ミクロの視点

自身の教育実習数週間の中で、1つの場面や思いを切り取ります。

「1時間の授業」「1人の子どもとの関わり」「授業での1場面」「1枚のワークシート」「子どもから言われた一言」など。
最も印象的だった部分…それは希望でなく絶望でもいいのですが…そこを鮮明に、考察・本音・提案を交えながら書いていきましょう。

読み手にとって、その場を見ていなくても場面や思いが伝わってくるような文章です

 

マクロの視点

レポートの中では、「教育の未来」「教員という職業」「我が国における教育」といった大きなテーマについて考察・本音・提案を交えながら書くと良いでしょう。

現場に行ったからこそ分かったこと、そして実習中は目の前のことで手いっぱいになってしまうかもしれませんので、実習を終えたあと冷静になって考えたことを書くと日誌とは違う視点と熱量を持った文章が書けると思います。

 

指導教員が話す教育実習の合格ライン【大学・生徒・指導教員の視点からの評価】」は、教育実習の評価が気になる実習生の方に向けてお話している解説動画です。

 

 

PR

まとめ:【教育実習を終えて】教育実習レポートの書き方(実習日誌との違い・共通点とは?)

今日は「教育実習を終えて」レポートの書き方についてお話ししました。

教育実習の最終日は「始まり」です。
「大学に戻ってから何をするか?何を考えるか?」が、本当の教育実習の意義です。教育実習では、たくさんの「お土産」を指導教員または子どもから渡されます。

教員として不足している知識や技能、特に音楽科として不足している知識や技能を知ることができます。
他方で自分が得意な事や他の人が優れている点にも気づくことができます。

教育実習レポートを書く際に冷静に実習を振り返って、実習から実感した課題に向き合うきっかけにしましょう。

 

中学校音楽の教育実習ガイド(実習前から実習後までのポイントを解説)
音楽科の皆さんに向けて「授業の内容を解説」「学生の専攻別にアドバイス」の動画をまとめています。

 

この記事の内容は動画と同じです。
YouTubeチャンネルの「【教育実習を終えて】教育実習レポートの書き方(実習日誌との違い・共通点とは?)」の動画をご覧ください。

ネットや本の情報・専門家への問い合わせでは解決しないことありませんか?
公立・国立の学校現場を知っている経験を生かして、机上の理論と学校現場の皆さんとをつなぎます。現実的に学校での対応が可能な施策を一緒に考えましょう。

▶研修のご依頼・ご相談はこちらの問い合わせページから受け付けています。
▶その他のご相談・ご質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭に。
東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導・進路指導・新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。
会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。

音楽文化事業に関する有識者委員会委員(JASRAC)/共通目的事業委員会専門委員(SARTRAS)

原口直をフォローする
PR

コメント