【教育実習生・指導教員の先生必見】実習前から実習後までのポイントを解説した教育実習ガイド公開中

音楽の授業のための記事・情報まとめ

音楽の授業のための記事・情報まとめ

歌を歌えるって、すごい知識。
ピアノを弾けるって、すごい技能なんです。
また、教えることはもっとすごい熱意なんです。

音楽の教員自身は、最も大きな音楽の恩恵を受けている。
音楽の魅力を知っている。
そして、音楽の苦しさやつらさも知っている。

音楽の知識・技能を授業に変換して他人に伝える時、可視化することが大切です
可視化して伝える技術が必要です。

 

YouTubeチャンネル「一歩先ゆく音楽教員」の動画の中から、音楽の先生に是非とも読んで欲しい記事(動画)を紹介します。まずはこの3本をご覧ください。

中学校音楽における授業規律の指導方法
中学校音楽は、授業時数が少なく生徒との関わりが少ないからこそ信頼関係は大事。 授業規律を作るのは、教員の指導を効率化するためだけでなく、生徒が指導を十分に受けられるためでもあります。教員・生徒お互いのための「授業規律」を初めに設定しましょう。(→動画はこちら

10分で理解する音楽授業における鑑賞指導3つのポイント【先生の視線をどこに向ける?】
音楽鑑賞授業=退屈な授業は昔の話、と思いたい。新しい学習指導要領の「生活と社会」を教えるのに、鑑賞は最も適しています。教材に古い新しいはありません。ベートーヴェンを題材にした鑑賞授業でCSRを教えられるのです!(→動画はこちら

10分で理解する合唱指導の3つのポイント【学校種・学年・先生の専攻は不問の合唱コンクール対策】
合唱指導の実践例はとても多くあります。それだけ需要が多いということでしょう。どの校種でも学年でも必ず求められる合唱指導。基礎の基礎を身につけて音楽教員としての自信にしましょう。(→動画はこちら

 

ここは、10年間の音楽教員経験から私が学んだことを可視化して、いつでも何度でも音楽教育について学べる場です。

成功例・失敗例、どちらで受け取ってもかまいません。
得意不得意・子ども・環境に合わせた変換をして、ご活用ください。

 

音楽教員の年間スケジュールを、「1.音楽科」「2.学校」「3.学年・学級」「4.その他」の4つのカテゴリーに分けて、その概略を紹介しました。

音楽教員の1年間のスケジュールはこちらから

 

一歩先ゆく音楽教育(スキルアップ編)

部活動・コンクールでの著作権を理解する(Nコン・合唱コンクール・吹奏楽コンクールの事例)

皆さん、こんにちは。一歩先ゆく音楽教育、原口直です。 現在は学校での教育研究の経験と、未来につながる新しい学びについて情報発信しています。 このYouTubeチャンネルでは学び続ける先生と学生さんのために、学校で役立つ情報と...
一歩先ゆく音楽教育(授業編)

【音楽の新学習指導要領】アクティブラーニングとは?音楽の授業実践例の紹介

皆さん、こんにちは。一歩先ゆく音楽教育、原口直です。 現在は学校での教育研究の経験と、未来につながる新しい学びについて情報発信しています。 このYouTubeチャンネルでは学び続ける先生と学生さんのために、学校で役立つ情報と...
一歩先ゆく音楽教育(スキルアップ編)

【授業で使うYouTube】音楽教科書の教材を「再生リスト」にまとめる(YouTube広告対策も紹介)

今日は教育芸術社さんから出ている中学校音楽科の教科書『令和3年度 中学生の音楽2・3下』に載っている「ポピュラー音楽のジャンル(日本編)」にたくさんの教材が載っていますので、これを1つの再生リストにまとめる過程をお見せします。 すでに...
活動報告・お知らせ

中学校音楽の教科書掲載楽曲のYouTube再生リストを公開

音楽の教科書に載っている教材を集めて、1つのYouTube再生リストを作りました。 根拠として大切にしたのは「音源はすべて公式であること」です。 『あるものを、どう使うか。』 これから最も求められる力です。子どもも、大人も...
一歩先ゆく音楽教育(授業準備編)

【授業で使うGoogleアース】歌唱共通教材のゆかりの地マップ作り

私がGoogle認定教育者レベル2を受けた時に受講した「上級トレーニング」、その中に出てきたGoogleアースの活用方法についてご紹介します。 動画でもご紹介しているGoogleアースで「共通教材ゆかりの地マップ」を作るというのを、実...
一歩先ゆく音楽教育(授業編)

ポピュラー音楽を教材にした音楽の授業のやり方

皆さん、こんにちは。一歩先ゆく音楽教育、原口直です。 現在は学校での教育研究の経験と、未来につながる新しい学びについて情報発信しています。 このYouTubeチャンネルでは学び続ける先生と学生さんのために、学校で役立つ情報と...
一歩先ゆく音楽教育(授業準備編)

鑑賞の定番「ブルタバ(モルダウ)」の教材の作り方【Googleサイトの使い方】

私が Google 認定教育者レベル2の上級トレーニングをした時に作った《ブルタバ(モルダウ)》、この教材を Google サイトでつくるという過程をお見せしたいと思います。 こういったものを1個を作っておくと、次の学年・次の年度に使...
一歩先ゆく音楽教育(授業準備編)

【教材:魔王】元指導教員が中学校音楽の学習指導案を解説しながら書いてみた

皆さん、こんにちは。一歩先ゆく音楽教育、原口直です。 現在は学校での教育研究の経験と、未来につながる新しい学びについて情報発信しています。 このYouTubeチャンネルでは学び続ける先生と学生さんのために、学校で役立つ情報と...
ニュースコメント

記事紹介:忘れずに歌える?「校歌」の世界 進化続ける歌詞に注目

入学して初めの教材は「校歌」です。 校歌を歌えるようにする授業は作業にならないよう、毎年、音楽性を読み解き直したり校歌のもつ音楽の特異性を語る導入を考えたりします。 式典のため・行事のために練習す...
ニュースコメント

記事紹介:コロナ禍における祭の意識調査を実施しました

お祭り…と言って、どの程度の規模や参加の仕方を想像するかは、人によって様々だと思います。 自分が子どものころお祭りは「わたがしやお好み焼きを売る出店をブラつく、町内をお神輿がまわる」でした。 しかし、大学...
タイトルとURLをコピーしました