(教員に必要なお笑いの力とは?)お笑い芸人の頭脳 構成作家にインタビュー

(教員に必要なお笑いの力とは?)お笑い芸人の頭脳 構成作家へインタビュー お知らせ
お知らせ
本サイトはアフィリエイトプログラム等による収益を得ています
PR

 

今回は、お笑い芸人の頭脳である構成作家の北村直久さんへインタビューさせていただきました。
北村さんは、サンシャイン池崎のYouTubeチャンネル「超・空前絶後超絶怒涛のギャラクシーちゃんねる極」の構成作家(画面外の声)を務めている方です。

 

これまで、教員の「アドリブ力」に関連して
お笑い芸人から学ぶ教員のアドリブ力の鍛え方
授業での子どもからの予想外の反応に困ったときの対処法
という動画を出してきました。

 

✓授業での「返し」はお笑い?
✓何を言うかではない
✓大切なのはキャラ

 

このインタビュー動画を通して、授業に活かせる「お笑いの技能」をぜひ知ってください。

ネットや本の情報・専門家への問い合わせでは解決しないことありませんか?
公立・国立の学校現場を知っている経験を生かして、机上の理論と学校現場の皆さんとをつなぎます。現実的に学校での対応が可能な施策を一緒に考えましょう。

▶研修のご依頼・ご相談はこちらの問い合わせページから受け付けています。
▶その他のご相談・ご質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭に。
東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導・進路指導・新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。
会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。

音楽文化事業に関する有識者委員会委員(JASRAC)/共通目的事業委員会専門委員(SARTRAS)

原口直をフォローする
PR

コメント