8/12 初の単著「YouTubeで授業/学級経営やってみた!」が東洋館出版社より出版されます!

教員のための授業で気をつけたいワード…人権・宗教・政治に関することを発言する際には細心の注意を払いましょう!

音楽教育ch.(準備編)
音楽教育ch.(準備編)
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

音楽教員歴10年の原口直です。

授業の中で生徒に声をかける時に気をつけなければいけない言葉があります。

私は研究の中でジェンダーについて扱うことがありました。自分が生徒にした発言で「これはよくなかったんだな」と反省することが多々ありました。

それから自分で色々なことを調べてNGワードを考えたので、ご参考になさってください。

 

 

 

スポンサーリンク

授業で気をつけたいワード1:人権

法務省と文部科学省が共同で出している『人権教育・啓発白書』というのがあります。

女性、子ども、高齢者、障害のある人、同和問題(部落差別)、アイヌの人々、外国人、HIV感染者・ハンセン病患者等、刑を終えて出所した人、犯罪被害者等、インターネットによる人権侵害、北朝鮮当局によって拉致された被害者等、その他の人権課題。

このように分けられています。

これらの言葉を授業の中で不用意に発言したり、差別するようなことをしては絶対にいけません。生徒は色々なバックグラウンドをもっています。もちろん教員も同様です。これらの内容について、自分の発する言葉に問題がないか。発言する前に冷静に自分を分析する必要があります

 

『人権教育・啓発白書』の中から、子ども・障害のある人・インターネットによる人権侵害の3つについて「【教員が知らなければいけない人権】まずは目の前にいる『子ども』!」という記事の中で解説しました。

 

 

スポンサーリンク

授業で気をつけたいワード2:音楽に関すること

例えば音程が取れない、いわゆる音痴。声が小さいといったこと。これらはもしかしたら、生徒が変声期の途中で自分でコントロールがしにくいのかもしれない、成長の途中なのかもしれないということを配慮して発言する必要があります。

 

 

もちろん、やる気がない、こないだできていたのにやらない、こういった時に発言するのはいいと思います。きちんと、状況、その子の心理状態、クラスの状態を把握して発する必要があります。

同様にリズム感がないという言葉も、その子の成長段階やその子と自分との信頼関係、人間関係を鑑みて発言する必要があります。

いずれにせよ、小学校、中学校、高校はすべてにおいて成長の途中なのだから、これらのことを自分が育ててあげるんだという気持ちが必要です

 

 

授業で気をつけたいワード3:宗教・政治

特に音楽史を扱う場合、音楽と宗教は切っても切り離せないです。しかし、1つ目の人権と同じように、生徒には様々なバックグラウンドがあり、教員にもあります。

宗教や政治の話をする時には、十分に配慮をして、自分の発言が平等性を保っているかをきちんと授業の前に確認することが大事だと思います

 

 

まとめ:教員のための授業で気をつけたいワード…人権・宗教・政治に関することを発言する際には細心の注意を払いましょう!

授業の中でしゃべることは台本があって一字一句話しているわけではありません。だからこそ、自分の知識や普段から考えていること、これらに十分注意して授業が全員の生徒が、そして先生が気持ちよくできること。これが大事だと思います。気をつけてください。

 

学校現場では様々な多様性のある子どもたち、生活への対応について「教員のための生徒への配慮(学校内での多様性への対応)」のなかで解説しました。

 

ブログ記事の内容は動画と同じです。
動画「教員のための授業で気をつけたいワード…人権・宗教・政治に関することを発言する際には細心の注意を払いましょう!」も是非ご覧ください。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者

原口直をフォローする
スポンサーリンク
原口直をフォローする
原口直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました