8/12 初の単著「YouTubeで授業/学級経営やってみた!」が東洋館出版社より出版されました!

著作権教育の実践をテーマに講演しました(教員免許状更新講習)

活動報告・お知らせ
活動報告・お知らせ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

8月初旬に早稲田大学において、教員免許状更新講習の講師として著作権教育の実践をテーマに話してまいりました。とはいえ、受講者の皆さんは私より年上で、教員経験も実績もありそうな先生方ばかりです。

著作権教育は学習指導要領にすでに載っている内容です。つまり、特別なことはしていません。少しだけ特殊な経験とやり方で授業しただけです。と前置きをしました。

始めは緊張しましたが、受講者の皆さんの中には「うんうん」と頷きながら聞いてくださる先生も!意欲の高さを感じました。

 

講演は授業の意義を話した後、中学生を相手に授業するのと同じように模擬授業を行い、授業内容を実感していただきながら進めていきました。

 

■導入でハードルを低く(AKB48)にする
■なぜ、日本に知的財産権教育が必要か
■「法律・権利・ダメ」を教える授業ではない
■法の翻訳者になる
■生徒の声

実践家ならではの視点を大切にして、話したつもりです。

 

そして最後は、

「YouTubeへの違法アップロードの逮捕者には中学生もいる。2度と子どもの犯罪者を出さない。著作権教育で子どもを救える。」

と締めくくりました。

小学では2020年度、中学は2021年度から変わる学習指導要領には知的財産権(著作権)の内容がボリュームアップします。

一人でも多くの先生方が学び、教え、聞くことができますように、これからも発信していきます。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者

原口直をフォローする
スポンサーリンク
原口直をフォローする
原口直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました