8/12 初の単著「YouTubeで授業/学級経営やってみた!」が東洋館出版社より出版されます!

【5分で理解する】教員のためのICT教育解説(内容と動向について)

音楽教育ch.(スキルアップ編)
音楽教育ch.(スキルアップ編)
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

音楽教員歴10年の原口直です。

ICT教育とは、Information and Communication Technologyの略です。今は携帯電話を学校に持ち込むかという議論がされていますが、こういったICT教育は学校では必須になっています。

 

 

その中身や動向について話をします。

 

 

スポンサーリンク

ICT教育で使用する機器

ICT教育に欠かせない機材は、プロジェクター・電子黒板・インターネット・タブレットといったものです。まずは機器に関して一つひとつ知っておく必要があります。

詳しくなる必要はありませんし、苦手な人もいるかもしれませんが、やがてやってくるGIGAスクール構想に備えて、おおよそのことを知っておく必要があります。どのような機能があるか。操作方法があるかを基礎的な部分だけでいいので知っておきましょう。

 

もちろんGIGAスクール構想そのものについて理解することも大切です。こちらを参考になさってください。
>>オンライン授業を理解するための基礎「GIGAスクール構想」とは?

 

それを積極的に使ってみるのをおすすめします。どうしても授業中は失敗できないとか、先端的なことをやろうと考えてしまいがちですが、まずは一歩ずつ自分ができる範囲のことから少しずつ進めていくのがいいと思います。

 

 

スポンサーリンク

デジタル教科書とは?

議論が進められていましたが、一斉休校の対応に伴ってデジタル教科書が前倒しで広まっていきました。デジタル教科書の利点はいくつかあります。

 

■拡大

■音声・動画再生

■参考資料(紙の教科書では参考資料をいちいちDVDを再生したり、動画を他から持ってこなければいけないということがありましたが、これがデジタル教科書では一つの場所でできるのは便利です。)

■書き込み(楽譜などを写した時に、手書きで書き込み、保存できたりします。歌詞の解釈や和声を伝えるのに、とても便利です。)

■作図(音符や休符を書いたり、強弱記号を書いたりがやりやすいです。)

 

 

ICT教育に関する法律整備

機器やデジタル教科書の周囲には著作権という法律があります。それを知って、使って欲しいと思います。私がこれまでに上げてきた動画でも、「学校における著作権入門」「知的財産権の指導方法の実践例を紹介します」「学校・先生のための著作権相談室」がありますが、著作権はとても大事な項目です。

 

 

 

著作権の基本は「作品はつくった人のもの。学校は例外」というポイントです

学校が例外なので、先生が学校内では法律を破っている状態と言えます。生徒はそれを見ていますので、「あ、コピーしていいんだ」「マネしていいんだ」と捉えてしまわれがちですが、学校は例外であることを先生たちは自覚なしにおこなっていることがあります。その点はとても注意が必要です。

 

 

まとめ:教員のためのICT教育解説(内容と動向について)

ソフトもハードも色々な新しいものが出てきていますし、より使いやすくなっています。生活の中に溶け込んでいるICT。これを学校でぜひ生かしてみてください。

 

 

例えば、YouTubeもただの娯楽ではなく、学校で使える方法がたくさんあります。授業だけではなく、学校の運営・学級運営にも使えます。ぜひICT機器、デジタル教科書などにアレルギーを持たず、まず自分でやってみることをおすすめします。

 

授業・部活における著作権に関する困りごと・悩みごとの相談を受け付けています。くわしくは「学校・先生のための著作権相談室」をご覧ください。

 

ブログ記事の内容は動画と同じです。
動画「【5分で理解する】教員のためのICT教育解説(内容と動向について)」も是非ご覧ください。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者

原口直をフォローする
スポンサーリンク
原口直をフォローする
原口直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました