8/12 初の単著「YouTubeで授業/学級経営やってみた!」が東洋館出版社より出版されました!

音楽教員が5月にすべきこと

音楽教育ch.(準備編)
音楽教育ch.(準備編)
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

音楽教員歴10年の原口直です。

例年5月になると、どのような分野でどのような準備が必要なのか。過去5年間の手帳を振り返りながら、5月にすべきことをまとめてお話ししたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

音楽教員が5月にすべきこと【音楽科編】

教材や教具の追加や調整は5月中に行っておきます。4月に注文や配布をした教材教具を確認して、不足分の注文をしたりするのが5月です。

また、NHKコンクールや吹奏楽コンクールの申込もそろそろです。今のうちに、曲を選曲したり、スケジュールの確認をしたりして、夏のコンクールに向けて動き出します。

 

 

 

スポンサーリンク

音楽教員が5月にすべきこと【学校編】

昨年度のまとめをするのが5月です。例えば、報告書をまとめたり、研究紀要を出したりするのも5月です。また、前任校は6月が公開研究会でしたので、5月はその準備が忙しかったです。授業のテーマや内容を決めたり、指導助言の先生や司会の先生を探してお願いをしたり、授業のための取材に行ったり、また、宣伝…メディアや個人へのメールで宣伝をするのも、この5月の準備でした。

 

 

それから、教育実習生を迎え入れる準備をするのもこの5月です。なぜなら、9、10月に来る教育実習生のガイダンスが6月にあるからです。実習生が来る前に、9、10月の授業予定や学習指導案のフォーマットや作り方、教材がどのようなものがあるか、進度どの程度進みそうかなどの打ち合わせを6月に行いますので、その準備を5月中からしておきます。

 

教育実習生を迎え入れる教員側はどのような心構えをすれば良いのかについて「教員のための教育実習生の指導方法」でお話しました。

 

 

音楽教員が5月にすべきこと【学年・学級編】

7月に行われる行事の準備、これを始めるのが5月です。また、学級では生徒との面談や、保護者との面談も5月です。

4月の1ヶ月を学校で過ごしてみて、どんなところに問題を抱えているか、充実した学校生活を送れているか、慣れてきたかなどを面談で確認します。そして、生徒にとっては一大イベントの席替も5月に行われることです。

 

 

まとめ:音楽教員が5月にすべきこと

夏休み前から逆算して動き出さなければいけないことが、いくつもあります。4月で慣れてきた学校生活を一度立ち止まって振り返る。そして、先を見すえるのが5月におこなうことです。ぜひ実践してみてください。

 

ブログ記事の内容は動画と同じです。
動画「音楽教員が5月にすべきこと」も是非ご覧ください。

 

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者

原口直をフォローする
スポンサーリンク
原口直をフォローする
原口直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました