こちらをクリック【教育実習生必見】中学校音楽の教育実習ガイドを公開中!

オンライン緊急学習会 「学校図書館と著作権」に登壇しました

活動報告・お知らせ
活動報告・お知らせ
この記事は約2分で読めます。
姉妹サイト「原口直の学校著作権ナビ」の紹介!

「分かりにくい」「とっつきにくい」と思われがちな著作権。
学校と著作権をつなぐ「翻訳家」として、原口直が現場目線を大切にしながら学校での著作権を分かりやすく解説しています。
「学校・子どもに関わる著作権だけ知りたい」「法律の文章はちょっとわかりにくい」「著作権は気になるけど、何を聞いていいのか?どう考えていいのか分からない」という学校関係者の方におすすめです!

原口直の学校著作権ナビ

オンライン緊急学習会「学校図書館と著作権」(東京学芸大学学校図書館運営専門委員会司書部会・東京都立高等学校学校司書会・学校図書館問題研究会 東京支部共催)に、知的財産権(著作権)教育の実践者として登壇しました。

文化庁は、著作権法の見直しをするために、文化審議会著作権分科会で図書館活動に関するワーキングチームを設けました。来年度の著作権法改正に向けた年度内の報告書の取りまとめを目指し、検討を開始した中で、「著作権31条、35条、37条と学校図書館の関係を考える」というテーマとしてこの学習会は緊急に企画されたものです。

 

 

2020年9月に学習会開催を求める声があがり、1ヶ月もたたずに開催実現へとつながりました。
設定した参加定員100名の枠はあっという間に埋まり、キャンセル待ちが150名にも膨れ上がったため、アーカイブを残すことで申込者が学習会の内容を視聴できるという措置も急遽取られました。

関心の高さが見て取れます。

 

今回の学習会では、中学校でどのように著作権教育をおこなっていたかという実践紹介をしました。

 

今や使用者だけでなく著作者にも簡単になれる子どもたちにとって、著作権教育が大切だということ
そして、そのために学校図書館が必要不可欠であることをお話ししました

授業の内容は本サイト、YouTube「【メリットだらけ】教員のための学校図書室活用のススメ」で紹介しています。また、学校図書館についても、活用・利用することのメリットを紹介しています。

 

 

図書館と学校図書館の違いも不勉強な私でしたので、こちらがたくさん学ばせていただいた学習会となりました。

ネットや本の情報・専門家への問い合わせでは解決しないことありませんか?
公立・国立の学校現場を知っている経験を生かして、机上の理論と学校現場の皆さんとをつなぎます。現実的に学校での対応が可能な施策を一緒に考えましょう。

▶お仕事・相談・質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭に。
東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導・進路指導・新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。
会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました