8/12 初の単著「YouTubeで授業/学級経営やってみた!」が東洋館出版社より出版されました!

日本音楽教育学会において研究発表を行いました

活動報告・お知らせ
活動報告・お知らせ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

2020年10月17日(土)におこなわれた日本音楽教育学会第51回大会オンライン大会において研究発表を行いました。

 

 

発表内容は、

「子どもが学ぶ・教員が学ぶ」オンライン教育の可能性
―著作権・GIGAスクール構想・歌唱のない授業―

 

 

スポンサーリンク

日本音楽教育学会におけるマイルール

スキルアップ・人脈作りのために教員は研究会・学会へ行こう!」でお話していますが、研究会を知ると自分のスキルアップになります。また、次のステップに踏み出し方もわかります。自分の授業が固定化したり、マンネリ化してしまった時に、新しい何かをするヒントに得たい先生方に学会参加はおすすめです。

 

日本音楽教育学会では、隔年で発表しようと目標を持っています。前年度、東京藝術大学で開催された第50回日本音楽教育学会では発表をしました。

 

2019年度 日本音楽教育学会@東京藝術大学での発表内容

●タイトル
「生活と社会の中の音楽」にリメイクする授業実践
―学習指導要領の完全実施に向けて―

●内容
8つの実践例「変わる、学習指導要領。少し変える、中学の授業」
①【CSR×《交響曲第5番ハ短調》】サントリーは、なぜホールを持つの?
②【グローバル×日本の郷土芸能・世界の諸民族の音楽】“Please tell me about traditional Japanese music.”と言われたら?
③【税金×文楽】なぜ大阪市は文楽の助成金をゼロにしたの?
④【自然音・環境音×《春「四季」より》】中庭で小鳥が歌ってる…本当にあるがやって来た
⑤【社会×《ブルタバ(モルダウ)》《花は咲く》】スメタナも『花は咲く』も思いは同じ。
⑥【ライブ・エンタテインメント×歌舞伎・文楽・ミュージカル】合唱祭でわかった。“ライブ”がアツい!!
⑦【ジェンダー×オーケストラ・伝統芸能・郷土芸能】ピアノの習いごとは女子?職業オケは男性?じゃ、ソプラノは??
⑧【知的財産権(著作権)×AKB48】AKB48は、いくらもらっているの?

 

 

スポンサーリンク

学会のオンライン開催の決定により発表を決断

今年度は「発表しない年」となる予定でした。発表しない年かつ京都教育大学で行われるということで寺社とグルメめぐりをのんきに計画していました。

しかし、様々な社会情勢により、京都開催でなくオンライン開催と決定したことで「今年発表しないでどうする!?」と発表することを決めました。

参加申し込みを行ったのは6月です。タイトルと発表内容である要旨を事務局に送る必要があります。世の中はようやく学校が再開し、混とんとした中です。オンライン教育の立ち位置や必要性もまったく異なって研究の計画を見直す中、何を発表できるのか、タイトルすらも決めあぐねました。

しかし、やっぱり「今年やらなくてどうする!」とオンライン教育の可能性について、自分を実験台にオンライン教育を進めてきた観点から発表させていただきました。

当日は発表の会場に何名いらしているのか。誰が聴いてくださっているのか。名前はチラリチラリと見えますが、リアクションもわからず、表情もわからず…オンライン授業のもどかしさを今さら肌で感じました。

発表では研究の動機から、対面教育の弊害となっているもの、それを取り除くためにオンライン教育が有効ではないかと仮説を立てたこと、そして主宰している「一歩先ゆく音楽教育」のYouTubeチャンネルを例に実践報告をしました。

 

日本音楽教育学会での発表の紹介とオンライン学会の感想

発表内容の一部を紹介します。

 

 

原口先生
原口先生

どう…でしたか???どうだったんだろう…か。

数名の方からメールでのリアクションをいただけましたが、手ごたえを感じにくい発表でした。

会場なら「どうでしたか?」と聞いてくださった先生に助言をいただきに出向くところですが、それができない…。可能性と言っておきながら、あいさつできない、名刺交換できない、ご指導いただくことができないというモヤモヤに包まれた学会でした。

 

学会・研究会・企業などの学校外の方と関わりを持つコツについては「仕事における人脈作りの3つのポイント(教員の私はこうして企業・省庁・出版社とつながりました)」でお話しています。

 

しかし、これも「やってみないとわからない」大きな学びとなりました。

オンラインで学会を開催できることを示せたことは大きな一歩だったと思います。運営には日本音楽教育学会本部の皆さんはもちろん、何よりテクニカルサポートをしてくださった学生の皆さん、スタッフさんたちへの感謝を申し上げたいです。前日の接続テストから学生さんたちがマンツーマンですべてのサポートをしてくださいました。

本当にありがとうございました。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者

原口直をフォローする
スポンサーリンク
原口直をフォローする
原口直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました