【教育実習生・指導教員の先生必見】実習前から実習後までのポイントを解説した教育実習ガイド公開中

【授業で使うYouTube】音楽教科書の教材を「再生リスト」にまとめる(YouTube広告対策も紹介)

【授業で使うYouTube】音楽教科書の教材を「再生リスト」にまとめる(YouTube広告対策も紹介)一歩先ゆく音楽教育(スキルアップ編)
一歩先ゆく音楽教育(スキルアップ編)
この記事は約3分で読めます。

今日は教育芸術社さんから出ている中学校音楽科の教科書『令和3年度 中学生の音楽2・3下』に載っている「ポピュラー音楽のジャンル(日本編)」にたくさんの教材が載っていますので、これを1つの再生リストにまとめる過程をお見せします。

すでに同じ教科書の「ポピュラー音楽のジャンル(海外編)」再生リストは作ってあります。海外のポピュラー音楽のジャンルごとにその代表曲が出ています。
それをすべて公式サイトであることを確認して再生リストをまとめてあります。作った再生リストは公開していますので、皆さんも使うことができます。

 

▼作り方は動画をご覧ください▼

 

▼私が作成した再生リスト

 

再生リストは、どのようなタイトルでも集め方でも使うことができます。生徒が好きな曲をまとめてみたり、参考の教材を集めておいたり、授業では紹介しきれないけど聴いて欲しい名曲を集めておいて「時間がある時に興味がある人だけ聴いておいてね」という再生リストを作っておいてもいいと思います。

再生リストは共有ができたり共同編集ができたりするところがとても便利なので、ぜひ作ってみてください。

 

 

YouTube再生リストを授業で使用する際の留意点

「音のみの動画」か「音と映像の動画」かは授業目標に照らして考える

やはり映像が流れると子どもたちは映像に注目をしてしまい、音そのもの・音楽そのものの印象と変わってしまう場合があります。また、それを捉えさせたいというのであればいいのですが、音楽に集中させたい場合、時に映像が邪魔になってしまうこともあります。

授業の目標「何を子どもたちに教えたいか」をきちんと加味して「音のみ」にするか「音と映像」にするか考えてみてください

 

授業でYouTubeを使う場合の広告対策

「YouTubeを使いたいけど、間に広告が入ってしまうのはちょっと…」という先生方も多いのではないでしょうか。対策を3つ提案します。

 

①学校のアカウントを使う
学校のアカウントでログインした場合、契約内容によっては広告を消すことや表示させないことができる場合がありますので、自分のアカウントではなく学校のアカウントの内容を確認してみてください。
②タブを1曲ごとに立てる
一つひとつの曲を1つのタブにしておくと良い
③広告が終わった後「一時停止」にしておく
タブを立てた上で、こうしておけば広告を再生せずにすぐに音楽・音に入ることができます。

 

これ以外にも日々YouTubeは学校でYouTubeを使うことに対しての対策を色々立てています。これからも変わっていくことと思いますので、「広告がちょっと」という方は情報に注目してください。

 

この記事を書いた人
原口直

Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭に。
東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導・進路指導・新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。
会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました