【4月25日締切】音楽教育サポートプロジェクト開始!教育実習生・若手教員を支援金・オンライン面談・指導案添削で支援します

記事紹介:2025年のデジタル教科書市場は800億円規模に【MDB Digital Search調査】

ニュースコメント
ニュースコメント
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

「原口直の一歩先ゆく音楽教育」では音楽教育サポートプロジェクトへの応募者を募集中

支援金の給付・オンライン面談の実施・指導案添削などを行います。
対象は、中学校・高等学校の音楽教員を目指す教育実習生・現場に出て間もない若手の音楽教員です。
募集要項の詳細は下記ページからご確認ください。

音楽教育サポートプロジェクト募集要項

デジタル教科書市場概況
・2025 年度のデジタル教科書市場は 800 億円となる見込み。
・デジタル教科書とは小中学校、高等学校で利用される教科用図書を電子化した教材。
・動画や音声による学習効果の向上、学習障害をもつ児童生徒へ教育支援、デジタル教科書利用データを
活用した教育支援などが期待される。
・学校でのタブレット端末の利用拡大、今後の公的支援等がデジタル教科書普及の追い風となる見込み。
(引用:日本能率協会総合研究所 デジタル教科書市場 2025 年に 800 億円規模に

 

デジタル教科書の動向は、学校だけでなく産業界からも注目を集めています。
800億円は有料音楽配信・楽器・インスタントカレーの市場規模と同程度の大きさです。

 

2019年4月施行「学校教育法等の一部を改正する法律」では、一部の単元の学習で教科書に代えてデジタル教科書のみを使用して学習することも可能となりました。
一気にデジタル教科書に舵を切るのは見送られましたが、大きな一歩です。

紙の教科書と明らかに異なる点は『紙は無償、デジタルは自治体や学校が負担』をすることです
今後、変わるかもしれませんし、変わって欲しいです。

 

紙の教科書の裏表紙には、こうあります。

この教科書は、これからの日本を担う皆さんへの期待をこめ、税金によって無償で支給されています。大切に使いましょう。

 

デジタル端末にも教科書にも、同様の文章が出るのでしょうか。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
スポンサーリンク
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました