8/12 初の単著「YouTubeで授業/学級経営やってみた!」が東洋館出版社より出版されました!

特別な配慮が必要な生徒への音楽の授業における対応〜特別支援〜

音楽教育ch.(授業編)
音楽教育ch.(授業編)
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

音楽教員歴10年の原口直です。

新しい年度になると学年や学級から「この生徒は特別な配慮が必要だ」と言われます。特別な配慮が必要と言われても、音楽の授業でどのように配慮すればいいのか、どのような対処があるのか。私の経験から話します。

特別な支援が必要な児童生徒の細かい分類や特性などについては、書籍がたくさん出ていますので、そちらをご参照ください。

ここでは音楽の授業に特化した話をします。

 

 

スポンサーリンク

音楽授業での配慮1:高い音・大きな音が苦手

高い音…例えばグロッケンのような音が苦手な生徒がいます。和楽器などで使うチャンチキや鉦が苦手な子もいます。それから、大きな音が苦手な子もいます。和太鼓やシンバルの音が苦手な子もいます。

対処方法としては、音がなる物からなるべく遠くの席にしてあげたり、もっと配慮が必要な場合はイヤーマフや耳栓を用いることも必要です。最近では子ども用のイヤーマフも出てきています。ライブやフェスに子どもが行った時に、耳に支障がないようにイヤーマフを付けてそう行った場所に行くということがあるようです。

 

Amazon | Fnova 防音イヤーマフ 遮音値26dB プロテクター フリーサイズ 折りたたみ型 子供用 自閉症 聴覚過敏 騒音対策 勉強等様々な用途に (ブルー) | イヤーマフ | 産業・研究開発用品 通販
Fnova 防音イヤーマフ 遮音値26dB プロテクター フリーサイズ 折りたたみ型 子供用 自閉症 聴覚過敏 騒音対策 勉強等様々な用途に (ブルー)がイヤーマフストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

ぜひそういったことを調べて、大きな音や高い音が苦手な生徒にどうすればいいか、その子に合った方法を考えてみてください。

 

色覚特性と聴覚過敏の生徒への配慮方法については「教員のための生徒への配慮(学校内での多様性への対応)」の動画の中でも紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

音楽授業での配慮2:多動

長く座り続けたり、その場に居続けられない子どもをどうすればいいかという内容です。

音楽の授業の中では、音楽室の中にいてもらうことが一番です。もし外に出てしまったら、追いかけて音楽室に戻すのが一番です。しかし、それは一人では難しい場合は、他の先生に協力を得ることが大事です。

それから、イスに座っていられないのであれば、イスに限らずにエリアにいてね、という風に場所を区切ってあげたり、線を書いてあげたりして、イスに座るという行為をしなくてよく、でも、音楽室に居られるような場所を作ってあげるというのがいいと思います。

 

 

音楽授業での配慮3:音をやめられない

歌や器楽をしている時に、静かにしなければいけない、つまり、音をやめなければいけない時に、音をやめられない生徒もいます。

その場合には、具体的な行動をその子に伝えることが大事です。ダメなのは「静かに」「やめて」「うるさい」こう言った指導をしても、その子には効かないかもしれません。

こういった場合、例えば歌の場合は「口を閉じて」、絵を見せる、音をやめる合図を決めておくという対処があるかもしれません。楽器の場合は「楽器を置いてください」と言うとか、楽器を置く場所を決めておいてそこに置かせるといった行動が必要だと思います。

 

 

まとめ:特別な配慮が必要な生徒への音楽の授業における対応〜特別支援〜

1人ひとり特徴や対応の仕方は異なりますので、今日話したのはあくまでも一例です。きちんとその子に合ったことを考えてあげてください。

 

 

ブログ記事の内容は動画と同じです。
動画も是非ご覧ください。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者

原口直をフォローする
スポンサーリンク
原口直をフォローする
原口直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました