8/12 初の単著「YouTubeで授業/学級経営やってみた!」が東洋館出版社より出版されました!

【教員を目指す人へ】声楽専攻の皆さんへ送るアドバイス

音楽教育ch.(教育実習編)
音楽教育ch.(教育実習編)
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

音楽教員歴10年の原口直です。

声楽専攻特有の色々な特徴があります。この特徴を踏まえて、教育実習の準備をしてください。

 

 

スポンサーリンク

教育実習における合唱(歌唱)指導について

合唱や歌唱は自分の得意な領域ですので、張り切って取り組む人が多いです。もちろん、もっているその力・技術を存分に発揮してほしいところですが、気をつけなければいけない点もあります。

ヴィブラートについてです。

普段独唱する時にはヴィブラートをつけて歌うことが多いと思いますが、時にそのヴィブラートは中学高校生にとって非常に厄介なものになってきます。私は声楽専攻です。ヴィブラートをつけずに歌う練習を敢えてしました。どうしても普段歌っているクセでヴィブラートがついてしまうのですが、それをすべて取って歌える練習をしました。声楽専攻の皆さんはぜひそれも練習しておくといいと思います。

ヴィブラートも使いようです。初期の段階では、音が取りにくいという弊害があります。また、高度な合唱(純正律)を目指す合唱においては、ヴィブラートはあまり好ましくないのかもしれません。自分が普段歌っている延長に授業持ってこないように、授業でうたうべきこと、生徒が何を欲しているかをきちんと考えて模範の演奏をしてほしいと思います。

 

学校種・学年・先生の専攻は不問の合唱コンクール対策として、合唱指導において大切なこと3点を「10分で理解する合唱指導の3つのポイント」で紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

歌唱以外の領域にもチャレンジする

どうしても歌が得意なので「歌唱」領域に偏りがちです。合唱や独唱といった教材を取り上げがちですが、他の領域「器楽」「創作」「鑑賞」きちんとバランスよくできるように、歌唱だけに偏らない授業の構成が必要です。

歌に自信があるのだから、敢えて歌唱は外してそれ以外のことを取り組むという挑戦をしてもいいですね。4領域のバランスを見てみてください。

 

 

教育実習における楽譜について

普段私たちは音楽を演奏する時、楽譜を見ます。楽譜には旋律、リズム、強弱など様々な情報が入っています。生徒も楽譜を見ながら、合唱や歌唱、器楽などを演奏するわけですが、私たちが見えている景色とはちょっとちがう場合があるので気をつけましょう。

私たちは歌を歌う時、その旋律、歌詞を音符から情報を得て歌っています。しかし、生徒は時に楽譜を見て歌うといっても、歌詞だけ見ていることがあります。歌詞だけ見て、リズムも旋律も歌えてしまっているのです。

 

音楽科における常時活動についてー7つの項目・指導のこだわり
楽譜を見ないで耳で音楽を聴く生徒が増えたなと感じるようになった実感から、新しい曲に取り組む前には必ず7つの項目を指導するようにしました。

 

私たちが見えている楽譜、情報の得方とは、生徒が見え方が違う可能性があります。それを認識していないと、指導の内容や声かけにズレが生じてしまうことがあります。生徒が楽譜を見ているから、私たちと同じ情報を、私たち同じタイミングで得られていると思わないように気をつけましょう。

 

 

まとめ:【教員を目指す人へ】声楽専攻の皆さんへ送るアドバイス

皆さんが持っている声楽の技術や努力は実習でとても役に立ちます。模範の演奏をした時に、生徒から「お~~~」という声を上がったり、拍手をもらったりするとうれしいものです。

自分の専攻を活かして、教育実習の準備をしてください。

教育実習生のための記事・情報は定期的にこちらのサイトで更新しますので、ぜひご覧ください。

 

ブログ記事の内容は動画と同じです。
動画「【教員を目指す人へ】声楽専攻の皆さんへ送るアドバイス」も是非ご覧ください。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者

原口直をフォローする
スポンサーリンク
原口直をフォローする
原口直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました