8/12 初の単著「YouTubeで授業/学級経営やってみた!」が東洋館出版社より出版されました!

教員としての視野を広げよう!社会人として読んでほしい教育分野以外のおすすめの本3冊

音楽教育ch.(スキルアップ編)
音楽教育ch.(スキルアップ編)
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

音楽教員歴10年の原口直です。

教育実習生用の「教育実習前に読むべき本」は他の記事で紹介していますが、今日は現職の先生に対して話をしたいと思います。

教員としてというより、一社会人として読んで欲しい本を3つ話します。

 

 

スポンサーリンク

山口周著『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?経営における「アート」と「サイエンス」』

ビジネス書でかなり売れましたので、店頭でポップがあったりランキングの上位に食い込んでいたりすることを見たことがあるかもしれません。内容は大人も美意識を育てる必要があるという内容です。

中身を少し、紹介文から話します。

「もはや論理的思考・MBAでは戦えない……」
「「直感」と「感性」の時代である」

 

もくじには

「偏差値は高いが、美意識が低いという人たち」

という興味深いタイトルもあります。

音楽…広い目でいうと芸術に関わっている私たちにとって、なぜ音楽を教えるのか考える一つのヒントになる本です。

 

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~ (光文社新書) | 山口 周 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonで山口 周の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

 

 

スポンサーリンク

城山三郎著『少しだけ、無理をして生きる』

城山三郎さんに一時期はまっていて、その中で読んだ本です。

城山さんの名著はたくさんありますが、

落日燃ゆ』広田弘毅さんの話
男子の本懐』浜口雄幸さんの話
雄気堂々』渋沢栄一さんの話

これらの本のエッセンスを集めた本が『少しだけ、無理をして生きる』です。

もくじには

「人は、その性格に合った事件にしか出会わない」

という言葉があります。

様々な人の人生を広く深く見てきた城山三郎さんだからこそ言える、色々な見方や切り口を学べる本です。読みやすいですし、ここから他の名著に飛ぶのもいいと思います。おすすめです。

 

少しだけ、無理をして生きる (新潮文庫) | 城山 三郎 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで城山 三郎の少しだけ、無理をして生きる (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。城山 三郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また少しだけ、無理をして生きる (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

 

L.グラットン・A.スコット著、池村千秋訳『LIFE SHIFT』

これも爆発的に売れましたし、関連する本や雑誌、漫画が出ましたので知っている人も多いかもしれません。

私はこの言葉や考え方に出会って、そこからさらに死生観・移住・転職・スキル・ミニマリストという考え方に派生していきました。その始まりとなったのが『LIFE SHIFT』です。

 

 

この考え方は様々な解釈や見方があります。もともとの本もいいですし、解説本もいいと思います。『LIFE SHIFT』に関することを様々な観点から調べてみたり、読んでみたりするといいと思います。

 

Amazon.co.jp: LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略 eBook: リンダ・グラットン, アンドリュー・スコット, 池村 千秋: Kindleストア
Amazon.co.jp: LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略 eBook: リンダ・グラットン, アンドリュー・スコット, 池村 千秋: Kindleストア

 

 

まとめ:教員としての視野を広げよう!社会人として読んでほしい教育分野以外のおすすめの本3冊

教育や音楽にとどまらず、1人の人間として知ってよかった、読んでよかったという本を紹介しました。

普段どうしても、教育や音楽に偏ってしまいがちです。もちろんそれもたくさん他に読んでますが、敢えてそれを外した3冊を選びましたので、ぜひ皆さんも教育や音楽から離れた小説や実用書も読んでみてください。

 

ブログ記事の内容は動画と同じです。
動画「教員の視野を広げよう!社会人として読んでほしい教育分野以外のおすすめの本3冊」も是非ご覧ください。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者

原口直をフォローする
スポンサーリンク
原口直をフォローする
原口直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました