【こちらをクリック】学校での著作権の取り扱いについて解説する「学校著作権ナビ」を開設!

【音楽教員がジャンル別に推薦】社会人のためのおすすめカラオケ曲を紹介

【音楽教員がジャンル別に推薦】社会人のためのおすすめカラオケ曲を紹介一歩先ゆく音楽教育(雑談編)
一歩先ゆく音楽教育(雑談編)
この記事は約6分で読めます。

皆さん、こんにちは。一歩先ゆく音楽教育、原口直です。

現在は学校での教育研究の経験と、未来につながる新しい学びについて情報発信しています。
このYouTubeチャンネルでは学び続ける先生と学生さんのために、学校で役立つ情報と提案を発信しています。

 

教員であるなしに関わらず、カラオケというのは日常的にあります。学生時代に行くカラオケはとても楽しかったですが、社会人になってからカラオケに行くこともあります。

この動画では「社会人としてのカラオケ」ということを、音楽科教員の目線からお話をしたいと思います。私は企業にも学校にもいましたので、両方の視点でお話をしたいと思います。

この動画の他には社会人になる前に身につけてほしいこと。例えば、

教員が最低限身につけるべきお金の知識~貯金・保険・投資~
貯金や保険・投資について話した動画。教員がいかにしてお金を管理したらいいのか、どのように使っていけばいいのか、貯めいけばいいのかをお話ししています

 

【短時間で習得できる】教員におすすめの学校で役立つ知識・技能3選
学校が始まるまでに時間がなくても習得可能かつ役立つ知識・技能を紹介しています。着付が必要な理由は?。

 

こういった動画もアップしています。併せてご覧下さい。

 

 

「社会人にとってのカラオケ」とは?

「カラオケの考え方?」と思うかもしれませんが非常に重要で、この後の選曲にも関わってきます。

まずカラオケの考え方…企業・学校とも2次会や3次会でのカラオケは定番です。
教員は特に歌が好きな人が多いですし、歌が上手い人も多いです。普段大きな声を出しているからか、とても良い声を持っている先生方がいっぱいいらっしゃいます。

ここで大事なのが、十八番を作っておくということです。
十八番というのは学生時代で言う十八番とはちょっと違います。うまく歌えるものや得意な曲ではありません。社会人で言う十八番とは場を盛り上げたり、周りの人が自分に対して歌って欲しい曲に応える…つまり他の人が聴きたい曲を十八番にするべきなのです

自分がOfficial髭男dismさんの曲が得意だとか、BTSの曲が好きだとかそういうことは置いておいて、自分が好きな曲ではなく他の人が望む曲。これがカラオケ、社会人としてのカラオケの考え方です。学生のそれとは違いますので、そこを履き違え無いように気をつけましょう。

 

教員が本を読む場合、教育や教科に偏ってしまいがちです。もちろんそれもたくさん他に読んでますが、社会人として読むことをおすすめの3冊を選んでみました。「社会人として読んでほしい教育分野以外のおすすめの本3冊」を是非ごらんください。

 

 

おすすめのカラオケ曲(基礎編)

持ち歌・十八番を2曲準備しておきましょう。
具体的には昭和の名曲を1曲。そして、平成/令和の名曲を1曲。まずこの2曲です。具体的にお話をします。

カラオケの持ち歌におすすめの昭和の名曲

昭和の名曲。

例えば《木綿のハンカチーフ》《ダンシングヒーロー》《2億4千万の瞳》など絶対に盛り上がる。そして知っているような曲。これを持ち歌として持っておくといいと思います。
歌がちょっと苦手だなという人は、昭和の名曲の中でも《いい日旅立ち》《時代》こういったものを知っていてもいいかもしれません。

 

カラオケの持ち歌におすすめの平成・令和の名曲

平成/令和の名曲を1曲。

例えば《世界に一つだけの花》《Choo Choo TRAIN》《恋するフォーチュンクッキー》など、こういった曲を知っておくといいでしょう。これも歌が苦手だなという人は《糸》《パプリカ》を知っておくといいと思います。
《パプリカ》は最近では学校で運動会やキャンプ、レクレーションなどで使われている曲ですので、こういったものを2つ昭和から1曲、平成/令和から1曲。まず2曲、持ち歌として持っておくといいと思います。

 

 

 

おすすめのカラオケ曲(応用編)

まず応用としてはバラード。

バラードを1曲歌えるといいでしょう。盛り上がる曲を持っているのは1番いいですけれども、会の終盤・中盤になってくるとバラードがあるといいです。
例えば《いとしのエリー》《ラヴ・イズ・オーヴァー》《時の流れに身をまかせ》といった昭和の名曲を知っておいてもいいでしょう。

 

それから応用2つ目は演歌。

これが歌えるとかっこいいです。特に音楽の教員が演歌を唱い上げる。これはウケます。
曲で言うと《津軽海峡・冬景色》《天城越え》《きよしのズンドコ節》や《まつり》など。音楽科が持っているこぶしやビブラートの力を存分に使ってみせるとウケるんじゃないでしょうか。

 

応用の3つめは新しい曲です。

これは周りの人たちが「新しい曲を歌ってほしい」とか「どんな曲、最近流行ってんの?歌ってみて」ということリクエストをされた時に歌いたい曲です。
これは自分の好きな曲や新しい最新の曲で良いと思いますので、曲を持っておくといいと思います。

応用編…バラード・演歌・最新曲。これを持っておくとさらによいでしょう。

 

合唱指導にYouTubeを活用しよう!【学校種・学年・先生の専攻は不問の合唱コンクール対策 第2弾】」の動画で、合唱指導にYouTubeを活用する方法を紹介しました。自分自身のカラオケでの歌唱力を上げるのにも使えるかもしれませんね。

 

 

まとめ:【音楽教員がジャンル別に推薦】社会人のためのおすすめカラオケ曲を紹介

企業にいたときも学校に入ってからも、何度カラオケに行ったかわかりません。特に音楽科の教員は歌を求められることが多いです。

私は地声と歌声が全く違って、地声は低いですが歌う声はソプラノ…裏声で歌うので、カラオケがとっても苦手でした。しかし毎回「いや苦手なので」と空気が悪くなってしまいますので、持ち歌を持つようにしていました。これを持って練習していたのです。

 

3000万人の愛好者がいるというカラオケに代表されるように、音楽が好きという人が多いのはとても嬉しいことです。しかし、音楽を仕事にしているとなると少し様子が違います。「【戦う覚悟ある?】趣味の音楽・仕事の音楽はこんなに大きく違う」の動画で、音楽を仕事にすることの大変さを紹介しました。

 

社会人にとってのカラオケは学生のそれとは違います。ぜひ今から準備をしておきましょう。

 

ブログ記事の内容は動画と同じです。
動画「【音楽教員がジャンル別に推薦】社会人のためのおすすめカラオケ曲を紹介」も是非ご覧ください。

ネットや本の情報・専門家への問い合わせでは解決しないことありませんか?
公立・国立の学校現場を知っている経験を生かして、机上の法律と学校現場の皆さんとをつなぎます。現実的に学校での対応が可能な施策を一緒に考えましょう。

▶お仕事・相談・質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭に。
東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導・進路指導・新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。
会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました