【4月25日締切】音楽教育サポートプロジェクト開始!教育実習生・若手教員を支援金・オンライン面談・指導案添削で支援します

【短時間で習得できる】教員におすすめの学校で役立つ知識・技能3選

一歩先ゆく音楽教育(準備編)
一歩先ゆく音楽教育(準備編)
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

「原口直の一歩先ゆく音楽教育」では音楽教育サポートプロジェクトへの応募者を募集中

支援金の給付・オンライン面談の実施・指導案添削などを行います。
対象は、中学校・高等学校の音楽教員を目指す教育実習生・現場に出て間もない若手の音楽教員です。
募集要項の詳細は下記ページからご確認ください。

音楽教育サポートプロジェクト募集要項

皆さん、こんにちは。一歩先ゆく音楽教育、原口直です。

現在は学校での教育研究の経験と、未来につながる新しい学びについて情報発信しています。
このYouTubeチャンネルでは学び続ける先生と学生さんのために、学校で役立つ情報と提案を発信しています。

 

新年度が始まると、やることに追われて時間がなくなってしまうというのが現状です。
教員になってから「時間があった時に、やっておけば良かった」と思うことはたくさんあります。今日はその中から直前でもできること3つをお話をします。

この動画では新年度や新学期、直前に身につけられることを話しますが、4月1日までというよりも始業式までという余裕を少し持ったお話をしたいと思います。この動画の他には、

 

現職教員・教員を目指す学生が今こそやっておくべきこと3選」という動画。
長期間のスパンで身につけること。それから、価値観を覆すようなことをやろうという話。

 

教員が最低限身につけるべきお金の知識~貯金・保険・投資~
身につけるべきことの大事な知識の1つ「お金」についてお話をしている動画です。。貯金や保険、また投資についてわかりやすく解説しています。

 

これらも併せてご覧下さい。

 

 

スポンサーリンク

Excelスキル

大学時代、Officeのツールの中でPowerPoint やWordは使うかもしれません。しかしExcel。この基礎を身に付けておくと、教員になってからとても役に立ちます。

学校でExcelを使う機会というのは、例えば成績を算出する時。また、アンケート・ワークシートなどを集計する時。それからグラフを作る(これは PowerPoint にも応用できると思いますが)、そういったことにも使います。これはExcelでいう基礎になってくると思います。

 

以前の教室では黒板しかありませんでした。今では教室にスクリーン・プロジェクターがあったり、パソコンをつなげられたりして、パワーポイントを有効に使うという方法が出てきています。「音楽授業におけるパワーポイントの使い方」で授業用のパワポの作り方のコツをお話しています。

 

具体的には、Excelの数式タブの中に「オートSUM」というのがあります。オートSUMには合計や平均、数値の個数、最大値、最小値などを算出できます。その基礎は身につけておいた方がいいかもしれません。

 

例えば成績を出す際、合計値や平均点、最大/最小点はもちろんですけれども、そこに「重み付け」と言って1.2倍に1.3倍にしたり、ということをできたほうがいいかもしれません。そういう意味ではオートSUM、これが使えると便利です。
また、「挿入>グラフ」から、簡単なグラフが作成できるようになっておくとテストの数値などを集計したり、それを自分で分析したりという時に役に立ちます。グラフを作れるようになっておきましょう。

 

こういった基礎的なExcelの知識をつけるために、Excel が準備しているレッスンがあります。
「新規作成>数式のチュートリアル1」というのを見ると、Excelの基礎的な事が順を追ってできるようになっています。ぜひそちらも試してみて、自分の今のExcelの力…また、ない場合も焦らずに1つひとつこなしていって、Excelでこういうことができるんだということを知っておくのも大事だと思います。

 

まずはExcel。直前でいいので取り組んでみてください。

 

 

スポンサーリンク

電話・メール・言葉遣い

まず電話については、出方・取り次ぎ方・話し方・かけ方や切り方などがあります。言葉づかいも大事です。言葉づかいには、尊敬語・謙譲語・丁寧語を適宜使う必要があります。

普段は周りの先生や管理職に丁寧な言葉を使っていますが、対保護者や業者の場合は管理職に丁寧語を使ってはいけません。こういったことは経験から身につくことですし、知識がないとなかなかできませんので、早めに対応を知っておくといいでしょう。

 

どのような職種や内容でも自分の人生経験にはとても重要になってきます。「教員志望の学生におすすめのアルバイト・ボランティアとは?」の動画では、私の経験を振り返って学生を目指す学生におすすめしたいアルバイトやボランティアを紹介しています。

 

次にメールです。メールにもルールや作法があります。例えば件名の付け方や要件の書き方。書き出しや結びなどのルールがあります。こういった知識については本やYouTubeの動画・サイトなど、たくさん出ていますので、1つひとつ覚えていきましょう。

その他にも、名刺の受け渡し方や名刺の扱い方、訪問した時のコートや手荷物のルール。また食事のマナーなど。細かいところをあげればきりがありません。
企業の新入社員は研修の中でこういったことを学んでいきますが、教員の初任者研修にはなかなか電話やメール・名刺といったものは上がってきません。ですので自分で身につける必要があります。

 

ベストセラー『入社1年目の教科書』(岩瀬大輔著)を、企業で4年・教員10年の経験を積んだ私が読み解いて、教員(特に1年目)に重要なことは何か解説した動画「ベストセラー「入社1年目の教科書」を教員1年目(初任者)に当てはめて解説」もあります。

 

ぜひ本や動画・サイトなどを使って、情報を身に付けて経験を重ねていってください。

 

 

着物・袴の着付

音楽教員のための卒業式準備の5つのポイント【着物でピアノ・草履で階段】」の中で着付について話をしています。私は教員になって社会人の時に着付を学んでおいて本当に良かったなと思いました。

 

卒業式で着物・袴を着る場合があります。その際に着物の着付け方はもちろん、アイテムの知識だったり、着物や袴の選び方だったり、買い方。こういったことを知っておいたことはとても自分の役に立ちました。

私は教員になる前、社会人の時に浴衣を着たり名古屋帯を締められるようになるまで、1・2年ほど週1回くらい通っていました。袴は着物と違って、おはしょりがなく胸から下がすべて隠れてしまいますので、普通の着物の着付よりもとても楽だと私は思います。
また1日持たなくてもいいのです。卒業式の間2~3時間持てばいいので、トイレの心配をしたり、着崩れる心配はあまりありません。

基礎的な着付を覚えておくと役に立つと思います。この着付も習っているときにはそのつもりはまったくなかったのですが、教員になって役立ったことの1つです。皆さんも興味があればぜひ身につけておいて欲しい技術です。

 

 

まとめ【短時間で習得できる】教員におすすめの学校で役立つ知識・技能3選

教員になってから「あれやっておけば良かった」。また学年が始まってから「長い休みの間にあれをやっておけば良かった」と思うことが出てきます。

 

学習指導要領に「生活や社会」という言葉が出てきていますので、学校の中だけで完結するような学習や指導ではいけません。まず教員も社会についてきちんと知っておくことが大事だと思います。詳しくは「教員になる前に社会のことをもっと知ろう!日経平均・文科省予算・著作権を理解してますか?」の動画で解説しています。

 

日々の生活を送っていると「身に付けるべきことが何だったか?」「やっておけばよかったことが何だったのか?」すら忘れてしまいますので、頭の中を整理して直前に身につけておく、時間がある時に身に付けておくことをおすすめします。

 

ブログ記事の内容は動画と同じです。
動画「【短時間で習得できる】教員におすすめの学校で役立つ知識・技能3選」をご覧ください。

この記事を書いた人
原口直

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭。

東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導、進路指導、新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

原口直をフォローする
スポンサーリンク
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました