【こちらをクリック】学校での著作権の取り扱いについて解説する「学校著作権ナビ」を開設!

教員のための学会発表のすすめ【数年先の授業のために研究しよう】

教員のための学会発表のすすめ【数年先の授業のために研究しよう】一歩先ゆく音楽教育(スキルアップ編)
一歩先ゆく音楽教育(スキルアップ編)
この記事は約7分で読めます。

皆さん、こんにちは。一歩先ゆく音楽教育、原口直です。

現在は学校での教育研究の経験と、未来につながる新しい学びについて情報発信しています。
このYouTubeチャンネルでは学び続ける先生と学生さんのために、学校で役立つ情報と提案を発信しています。

 

今日は「学会に行こう(発表)」ということをお話しします。

教育に関する学会や音楽に関する学会、様々にあります。
普段授業の中ではあまり気にしないかもしれませんが、授業の実践例を知ったり、また教育や音楽の研究を調べたりする時に学会というのが出てきます。学会ってどんな組織なのか。また入ることにどんなメリットがあるのか。
今日はそれについて、日本音楽教育学会と日本知財学会に入っている私がお話しをしたいと思います。

この動画では「学会ってどんなところなんだろう」また「発表するのってちょっと抵抗あるな」という人にぜひ見ていただきたい動画です。

 

この動画の他には、

スキルアップ・人脈作りのために教員は研究会・学会へ行こう!
スキルアップや人脈づくりのために学校の外へ出て行って学ぼうという話をしています。

 

5年後に研究授業参観者が50倍!人が集まる研究授業の企画・運営・アフターフォローの方法
自分が授業を公開したときに、どんな人たちに集まってほしいのか、どうやって集客すればいいのかということを私の経験から「参加者がたくさん集まるようになる方法」というのもお話ししています。

 

併せてご覧下さい。

 

 

教員にとっての学会のメリット

まず教育や研究の【サイシン】を知ることができるのが各学会です。

今の教育を知るのはもちろんですし、歴史からそれを学んでいる方もいらっしゃいます。また実践、それから教育学などの研究をしている方もいらっしゃって、それぞれの分野のサイシン情報を知ることができます。

【サイシン】というのは、最も新しい「最新」そして最も深い「最深」でもあります
広く知ることができるのがいいところですし、また1つの分野を深く掘り下げるということができるというのもいいところです。

同じ志や同じ分野に興味がある人に出会うことができます。
自分が興味があるところ、また「そんなこと考えたこともなかった」と言う反対側のこともよくわかります。また同じ校種…中学校なら中学校。そして経験年数の人に会える2・3年の人やベテランの人に会えるのもいいところです。

 

2020年の日本音楽教育学会の全国大会はオンラインで開催されました。私が発表した「『子どもが学ぶ・教員が学ぶ』オンライン教育の可能性」の内容について、また、オンラインで開催される学会のメリットデメリットについて「【日本音楽教育学会で研究発表】オンライン開催の学会で発表するときに注意すべきこと」でお話しました。

 

中学校の音楽科、私は学校に1人でしたので、同じく中学校の先生と出会えるというのは学会のいいところでしたし、発表することでその仲間が増えていくというのもすごく魅力的です。自分の発表を聞いてもらうだけでも嬉しいですし、批評されるともっと嬉しいです。
自分が間違っているところを指摘していただくのも、とてもいいことなのです。

 

 

学会発表に向けて準備すること(研究・資料・会場アクセスも)

学会の発表には入念な準備が必要です。

研究の規模…何ヶ年にするか、発表をどれくらいの頻度でするか、途中経過を何回報告するかなども考えていきます。また研究内容の分析も大事です。
そして資料作りも必要になってきます。資料は要旨を書いた大体A4判1枚ぐらいのもの。そして当日発表するパワーポイントの資料、これも作成が必要です。

そして実際に対面で発表する場合には、パソコンなどのデバイス。そしてプロジェクターなどにつなぐ線。そしてレーザーポインターや名刺。そして洋服なども準備する必要がありますね。

 

名刺を学校によっては作ってくれる学校も増えたようですし、進路に関わる先生は持つといったルールがある学校もありますが、私は名刺を全員が持つべきだと思っています。動画「教員は名刺を持つべきだ!(その理由・手軽な作り方・名刺交換の作法)」で、名刺を持つメリット・使い方・作り方についてお話をしました。

 

もっともっと具体的に言うと、学会で対面で発表する場合には、宿を押さえたり交通を押さえたり、また何を食べるか、どんな名物があってお土産を何にするかなんていうことも考えるのも楽しいところです。

気をつけなければいけないのがアクセスです。
地方の大学で行うこともあります。交通のアクセスがあまり良くないところ、また限られているところもあったりしますので、バスやタクシーをきちんと調べておくと良いです。

東京にいると駅前にタクシーがいて当たり前。またバスも数分に1本くるのが当たり前と思ってしまいますが、そうでない地域もたくさんありますので、アクセスについては十分に配慮をして時間に余裕を持って行くこと…できれば下見をしておくと1番いいと思います。

これが学会発表の準備です。

 

 

なかなか学会で発表できない先生への特効薬はこれ!

いつ発表するか、何ヶ年で研究をして途中を何回発表するかというのを決めますけれども、なんだかんだの理由で「なかなかできない」とか「やっぱりやめとこうかな」となってしまいがちです。
ですので、申し込んじゃうということをお勧めします。

「忙しい」「どうしようかなぁ」「計画通り進められなかったなぁ」「こんな段階で発表していいのだろうか」「恥ずかしい」なんて思っていたら、いつまでたっても発表できません。特に学校で働きながら発表となると、言い訳は簡単に見つかります。

ですので、いつ発表するかを決めてしまう…先に申し込んでしまうことがいいと思います

 

決めてしまったら、時間管理・スケジュール管理をしっかり行って発表準備をすすめるのみです!私のスケジュール管理術は「教員のための効率的なスケジュール管理術」で紹介しました。以前はアナログ派でしたが、今はもっぱらデジタル管理です。

 

私の場合は日本音楽教育学会で発表する時、全国大会が関東と地方で隔年で毎年行われていました。東京→地方→神奈川→地方…という感じです。
ですので、関東でするとき。つまり2年に1回は発表しようというふうに自分に決めていました。計画も2年に1回、また関東圏でしたら地の利も分かっていますので、そういったところで安心して発表できると2年に1回と決めていました。

ゴールが決まっているとそのつもりで行動します。行動をするしかないのです。そういったふうに自分の中で目標を設けて、いつ発表する、どんなことがあっても言い訳をせずに発表するということがとても大事だなと思います。

申し込んじゃう!…とても大事です。

 

 

まとめ:教員のための学会発表のすすめ【数年先の授業のために研究しよう】

今日は「学会で発表しよう」という話をしました。

学校現場に入ると日々目の前のこと、また1ヶ月・1年…なんとかかんとか過ごしていくということで、あっと言え間に過ぎてしまいます。

私が教員になって初めに言われたのは、「研究はやめてはいけない」「学校にいても研究を続けなければいけない」というふうに言われました
研究を深めたりそれを発表することで、普段の授業にも張りが出てきたり目標ややりがいが出てきます。また学会に関わることでいつも1人、また井の中の蛙になってしまいがちのところを広い目で見ることができます。

学会での発表を目標にぜひ取り組んでみてください。

 

記事の内容は動画と同じです。
動画「教員のための学会発表のすすめ【数年先の授業のために研究しよう】」も是非ご覧ください。

ネットや本の情報・専門家への問い合わせでは解決しないことありませんか?
公立・国立の学校現場を知っている経験を生かして、机上の法律と学校現場の皆さんとをつなぎます。現実的に学校での対応が可能な施策を一緒に考えましょう。

▶お仕事・相談・質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭に。
東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導・進路指導・新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。
会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました