【こちらをクリック】学校での著作権の取り扱いについて解説する「学校著作権ナビ」を開設!

【教員の働き方改革】残業時間を減らすための教員の1日の時間の使い方

【教員の働き方改革】残業時間を減らすための教員の1日の時間の使い方一歩先ゆく音楽教育(スキルアップ編)
一歩先ゆく音楽教育(スキルアップ編)
この記事は約7分で読めます。

中学校音楽の教育実習ガイドを公開中!

【中学校音楽の教育実習生・実習生を受け入れる指導教員の先生へ】
指導教員経験を踏まえて、実習前から実習後までの中学校音楽の教育実習のポイントを網羅的に紹介。

【科目問わず全ての教育実習生へ】
STEP2「教育実習中の心得」・STEP6「教育実習が終わったら」では、指導教員へのお礼状や実習校でのマナーなど実践的知識を紹介。

中学校音楽の教育実習ガイド(実習前から実習後までのポイントを解説)

音楽教員歴10年の原口直です。

ワークライフバランスや働き方改革といった言葉が近年出てきています。日本の小学校や中学校の先生は世界一労働時間が長いといったことも発表されるほど、ワークライフバランスや働き方については注目をされています。

 

先生は働きすぎなど言われていますが、ワークとライフのバランスをどのように取っていけばいいのか。「教員がワークライフバランスを保つための3つの方法」の動画で私の実践をお話しします。

 

「忙しい」という自慢、「昔は~」「自分の時は~」ということはもうやめにして、時間の使い方について考えたり実行したりしてみましょう。ヒントとなる話をします。

 

 

1日の時間を効率的に使うための4つのポイント

時間の使い方については様々なビジネス書が出ています。ビジネスの世界では時間の使い方=賃金となりますので、その人がうまく時間を使えているかというのはその人の仕事や能力に関わってきます。

教員という仕事は「時間=賃金」という考え方になかなかなじみがないので、教員の場合はどうかということを考えてみます。

 

私は、民間企業で4年間働いてから東京都の教員採用試験を受けて学校という場に入りました。民間から教員に転職した直後は様々なことにキャップを感じました。時間に対する考え方もその1つです。「カルチャーショック!民間企業の会社員から学校教員へ転職して驚いた3つのこと」で、詳細を紹介しました。

 

ビジネス書などに書かれている一般的な時間の使い方4つあります。

 

①やるべきことリスト
②頭を使うことは午前中
③余裕あるスケジュール
④優先順位

 

では、教員の場合はどうでしょうか。分析をしてみます。

 

 

教員の時間の使い方のコツ1:やるべきことリストを作成する

これは教員も同じように、やるべきことのリストを作って、週案やスケジュール帳に書く、というのは大事です。

週ごとや月ごとにわかるように、やるべきことを書いておくといいと思います。そして、やり終わったらそれをチェックしたり、塗りつぶしたりして達成感をもつというのも大事です。

 

具体的なやるべきことリストの作り方については「教員のための効率的なスケジュール管理術」の動画をご覧ください。また、音楽教員がすべきことを月ごとにまとめた【音楽教員のための月刊すべきこと】という再生リストもヒントになると思います。

 

 

教員の時間の使い方のコツ2:頭を使う作業は午前中に(?)

これもビジネス書によくある時間の使い方です。

これは教員はそんなこと言っていられません。午前中から授業もあります、生徒も来ます。
ですので、この項目は教員には当てはまりません

 

 

教員の時間の使い方のコツ3:余裕あるスケジュールを組む

教員には「動くスケジュール」と「動かないスケジュール」があります。

まず、「動く」については、生徒の指導や保護者からの電話、急な会議・書類作成などはこの「動く」に当てはまります。
逆に「動かない」仕事。これは時間割で決められている授業、朝や帰りの学活、部活動、これらは「動かない」内容です。

まずはこの「動かない」ものを当てはめておきましょう

 

例:授業でワークシートを利用する場合のスケジュールの組み方

さらに、授業をおこなった時に、ワークシートを使う場合はこのワークシートを添削する時間が必ず必要になってきます。授業の後にワークシートを添削する時間をあらかじめ作っておきましょう。これが「動かない」スケジュールとなります。

 

ワークシートには授業の記録はもちろんですが、知覚や感受・批評などといった個々の表現を受け止める役割もあります。また、大事な評価についてもワークシートがとても重要になってきます。「音楽授業におけるワークシートの作り方」では、ワークシートを作るときに押さえて欲しいポイントを3つ紹介します。

 

ワークシートの添削も35人学級4クラスであれば、140枚のワークシートを添削することになります。1枚当たりどれくらい時間がかかるのか、まず1枚添削して時間を計ります。かける140をすると、必然的にワークシートを添削する時間が割り出されます。

できれば、評価の観点を統一するためにまとめてワークシートを添削した方がいいですが、まとまった時間が取れない場合は1クラスずつや2クラスずつ、この時間にこの授業のワークシートを添削するという風に決めておくといいと思います。

 

例:教材研究を行う場合のスケジュールの組み方

それから、教材研究も同じです。
授業によって教材研究をする時間というのは異なります。それは先生方の特異な領域だったり、昨年度と同じ内容かまったく新しい内容かで教材研究の時間が異なります。授業を決めたら、その前に教材研究にどれくらい時間がかかるのか逆算して、あらかじめ「動かない」スケジュールとして決めておくのがいいと思います。

 

1時間の授業でそれぞれどんな準備をすればいいのか、どのくらい準備をすればいいのかというお話を「教員のための授業準備術【準備時間はどれくらい?・時間のねん出方法・効率的なやり方】」でしました。

 

「空いた時間にワークシートを添削しよう」「空いた時間に教材研究をしよう」ではなく、ワークシートの添削や教材研究は空いた時間ではなく、固定された時間として作っておきましょう。

 

それから、行事や研究授業といったあらかじめ決められたものについては数か月前から計画されています。
その一つひとつにどれくらい時間がかかりそうかをあらかじめ逆算して考え、週案などのやるべきことリストに書いておきましょう。

 

文化祭や合唱コンクールの運営主はもちろん音楽科教員です。音楽科がそのコンクールの全てを決めるのと同時に、音楽の指導をしていかなければなりません。「音楽教員のための校内合唱コンクール・合唱祭・文化祭などの行事運営術」の動画では、行事運営を担う際の注意点をお話しました。

 

 

教員の時間の使い方のコツ4:優先順位をつけて予定を組む

教員の働く時間を大きく左右するのはこの優先順位がどうしても1番上が

・生徒の対応や保護者の対応
・今日すべきこと

が最優先になってしまって、先ほどの「動かない」スケジュールが動いてしまう可能性があります。

これは予測ができないことですので、しようがない、それは確かにわかります。
しかし、先ほど言ったようにあらかじめ組んでおけば、それを動かすだけで調整ができます。

とはいえなかなか難しい、その気持ちもわかります。
なるべく先を見通して、細かく、すぐにそこにスケジュールを組んでしまうという工夫が大事です。それをすることによって、急に入ってくる「動く」スケジュールに対応しやすくなると思います。

 

 

時間の使い方を身につけるためのおすすめの本

たとえば、以下のような本を読んでみることをおすすめします。

 

 

 

音楽教員の私が選ぶ本は、どうしても教育や音楽分野の本に偏ってしまいがちです。「教員としての視野を広げよう!社会人として読んでほしい教育分野以外のおすすめの本3冊」では、敢えてこの分野を外した先生に読んで欲しい3冊を紹介しました。ぜひ皆さんも教育や音楽から離れた小説や実用書も読んでみてください。

 

 

まとめ:【教員の働き方改革】残業時間を減らすための教員の1日の時間の使い方

今日は時間の使い方について話しました。

「とはいえ」という気持ちはよくわかります。現場ではそううまくはいかないと思っていました。

しかし、心がけ一つです。やるべきことを積み重ねていくのではなく、やるべき時間をまず限って、そこにやるべきことを当てはめていくという「時間の枠を先に作ってしまう」ことが大事だと思います。少しずつでも改善してみましょう。

 

ブログ記事の内容は動画と同じです。
動画「【教員の働き方改革】残業時間を減らすための教員の1日の時間の使い方」も是非ご覧ください。

ネットや本の情報・専門家への問い合わせでは解決しないことありませんか?
公立・国立の学校現場を知っている経験を生かして、机上の法律と学校現場の皆さんとをつなぎます。現実的に学校での対応が可能な施策を一緒に考えましょう。

▶お仕事・相談・質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭に。
東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導・進路指導・新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。
会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました