こちらをクリック【教育実習生必見】中学校音楽の教育実習ガイドを公開中!

【教員のメンタルヘルス】ストレスを減らすための3つの考え方

【教員のメンタルヘルス】ストレスを減らすための3つの考え方一歩先ゆく音楽教育(スキルアップ編)
一歩先ゆく音楽教育(スキルアップ編)
この記事は約5分で読めます。

中学校音楽の教育実習ガイドを公開中!

【中学校音楽の教育実習生・実習生を受け入れる指導教員の先生へ】
指導教員経験を踏まえて、実習前から実習後までの中学校音楽の教育実習のポイントを網羅的に紹介。

【科目問わず全ての教育実習生へ】
STEP2「教育実習中の心得」・STEP6「教育実習が終わったら」では、指導教員へのお礼状や実習校でのマナーなど実践的知識を紹介。

中学校音楽の教育実習ガイド(実習前から実習後までのポイントを解説)

皆さん、こんにちは。一歩先ゆく音楽教育、原口直です。

現在は学校での教育研究の経験と、未来につながる新しい学びについて情報発信しています。
このYouTubeチャンネルでは学び続ける先生と学生さんのために、学校で役立つ情報と提案を発信しています。

 

教員を仕事として興味がある人…例えば教育実習生もそうですけれども、自分が教員に向いているのかどうか・素質があるのかどうかというのを気にします。また逆に「子どもが好きだから」とか「小さい頃からなりたかったから」という理由で教員になりたいと言われると、「ちょっと待って、よく考えて」と言いたくなります。

 

この記事は、次のようなことを知りたい方に是非ご覧頂きたい内容です。

▶(教員を仕事にしたい、また興味がある人に対しては)進路選択のヒントを発見したい方
▶(教員の方に対しては)自分の考え方を見直すヒントを発見したい方

 

また他の動画では、

 

「教員の職業病」ということで、教員が普段つい出てしまう見方や考え方。こういったものをまとめた動画「教員あるある?教員の職業病①日常生活でついつい発揮してしまうこと」「教員あるある?教員の職業病②見た目・外見から人を見分ける教員のワザとは?」を2本公開しています。

 

教員という仕事に興味がある人は是非ご覧ください。

 

 

オン・オフの切り替えは大切

企業の場合、仕事に対する考え方・自分を切り替えるという考え方では、仕事を出たらオフ。趣味や習い事に没頭して仕事のことをあまり考えないという考え方があります。それは教員も同じだと思います。
学校を出たら子どものことや学校のことは考えない。他人事として考えていいと思います。子ども一人ひとりの全て…人生や家庭を背負っていたら、重すぎる・しんどすぎると思います

これは他の職業の方にも是非聞いてみたいところですが、例えばお医者さんや裁判官や介護に関わる人。こういった方はどんな考えをお持ちなのか興味がありますが、教員も子供のこともずーっと考えているというのはすごくしんどくなってしまいます。

もちろん学校では100%子どもに向き合います。しかしオフも大事です。
関わっても中学・高校だったら3年間。たった3年間のことですので、ある意味・良い意味で他人事というぐらいの関わり方がいいと私は思います。

 

心技体を整えることも大切です。「女性教員のための大事な自分自身の身体のこと【迷ったけれどやっぱり知って欲しい】」の動画では、特に女性という観点から身体の維持管理についての考えを話しました。

 

 

教員以外の業種の視点から客観視してみる

教員という仕事は特殊かもしれません。持つ能力が違ったり、知識が違ったりするという意味ではありません。
単に人数が少ないということです。企業で働く人に比べれば、教員はとても人口としては少ないです。

しかしこの当たり前の見方が教員は難しい環境にあります。
教員の周りには当然教員しかいませんし、友だちも教員、時に家族も教員という人もいるからです。ですので教員の世界しか知らないということがあります。

私はぜひ他の業種のことも知って欲しいと思います。他の業種を知ったり世界を見たりすると、教員の長所そして短所が浮かび上がってくるからです
異業種の人と関わるのは、例えば地域に参加したり習い事に参加したり、そして企業に勤めている友人に話を聞いたりということです。

 

教員に習い事をおすすめしたい理由と選び方とは?【社会人の自己研鑽】」の動画で、先生に「習い事」をおすすめする理由や選び方を紹介しました。

 

教員しか知らないと、しんどいです。
教員以外の職業の方がどんな考えを持っているのか、どんな能力をつけているのかということを知って、そして教員のこともまた深く知ってほしいと思います。

 

 

「子どもが好き」という理由だけでは辛い

教育実習生などに「なぜ教員になりたいの?」と聞くと「子どもが好きだからです」という答えがあります。

それは最も大切ですが、「子どもが好き」が大前提な上で、他に

教育そのものが好きとか
教科が好き
教科教育が好き
研究が好き
集団のマネジメントが好き

とか。そういったことを複合的に持っていないと後々しんどくなります

「100%すべて子どもが好きだから教員」ではなくて、子どもが好きのことは大前提に、自分が何が興味があるかということをぜひ広く持っていて欲しいと思います。

 

「音楽が好き」といっても、音楽を仕事にするか趣味にするかは大きく異なります。「趣味を仕事にしたらどうなる?(音楽教員の場合)」の動画で、好きを仕事にすることの大変さ・やりがいについて紹介しています。

 

 

まとめ:【教員のメンタルヘルス】ストレスを減らすための3つの考え方

今日は教員に必要な考え方について話をしました。

教員という仕事は教師…「師」がつく仕事なので特殊な能力や特殊な考え方、崇高な考え方を持っている人がやるという考えもあるかもしれませんが、今は昔。教員を職業としてみなければしんどい続かないということもあります。

きれいごとだけではなく、職業として向き合う教員についてぜひ考えてみてください。

 

ブログ記事の内容は動画と同じです。
動画「【教員のメンタルヘルス】ストレスを減らすための3つの考え方」も是非ご覧ください。

ネットや本の情報・専門家への問い合わせでは解決しないことありませんか?
公立・国立の学校現場を知っている経験を生かして、机上の理論と学校現場の皆さんとをつなぎます。現実的に学校での対応が可能な施策を一緒に考えましょう。

▶お仕事・相談・質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭に。
東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導・進路指導・新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。
会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました