【こちらをクリック】学校での著作権の取り扱いについて解説する「学校著作権ナビ」を開設!

音楽教員のための授業で必要な教材・教具の購入方法

音楽教員のための授業で必要な教材・教具の購入方法一歩先ゆく音楽教育(授業準備編)
一歩先ゆく音楽教育(授業準備編)
この記事は約6分で読めます。

音楽教員歴10年の原口直です。
今日は物品購入について話します。

音楽の授業をする上で様々な教材や教具が必要になってきます。

もともとその学校にあるもので足りなくなった場合どうすればいいか、ということをポイントを抑えて話をします。ないからと言って、すぐに買うとか立て替えて買うということを簡単に考えてはいけません。厳しい予算があったり面倒な申請があったり、簡単に教材や教具を買うことができないからです。

どのようにすればいいか、話します。

 

 

購入のポイント1:教材・教具をすぐに買わない

買い方についての話をする前にちょっと矛盾しているかもしれませんが、すぐに買うのではなくまず「借りる」「代替えのものはないか」ということがないか考えましょう。

例えば、市区町村で共有で持っている楽器があるということがあります。
和楽器など高価だったり、学校に常駐しておく必要のない楽器は市区町村でまとめて購入をして輪番でまわすということをしているところもあります。お箏がないからすぐに買うのではなくて、そういった制度がないか他の学校の先生に聞いてみましょう。

他に近隣の小学校や中学校、高校に使いたい教材や教具がないか聞いてみるのも一つの手です。
そういった情報はどこに集まるのかというと、その地区を担当している楽器屋さんがいたりします。
吹奏楽やオーケストラの楽器を搬入搬出している楽器屋さんはその地域の楽器のことをよく知っていますので、聞いてみるのも手です。

 

学校に出入りする学校付きの楽器屋さんは街にある楽器屋さんとは少し役割が異なります。どういったことをお願いできたり、してくださるのかという話を「音楽教員のための学校に出入りする楽器屋さんとの付き合い方」の動画で解説しています。

 

また、地区で行われる研究会などで「こういうことをやりたくて、でもコレない、たりない」という話をすると「貸してあげる」「あの学校が持っているよ」「時期がいついつだったらいいよ」などのアドバイスをいただけることもあります。購入するとなっても、詳しい先生は「あそこで買うと安いよ」なんてことを教えてくれたりします。

 

音楽の教員は学校に1人ということが多いです。他の人の実践・最先端の取り組み、またベテランの先生や優れていると言われる先生の授業を見たい・話を聞きたいというときは研究会へ行くことをおすすめします。詳細は「スキルアップ・人脈作りのために教員は研究会・学会へ行こう!」の動画をご覧ください。

 

すぐに買わないで、借りる・他の人の協力を得る。まずそれを考えてみてください。

 

 

購入のポイント2:授業でのYouTube活用を考える

著作権法が改正されて、YouTubeをオンラインだったら授業中に流していいということになりました。

 

なぜ授業でYouTubeを利用しても良いのか、キーワードは「授業目的公衆送信補償金制度」です。「【授業目的公衆送信補償金制度とは?】YouTubeを授業で積極活用して欲しい理由と有効活用のコツ」の動画で制度概要を解説していますので、ぜひご覧ください。

 

YouTube上には様々な音楽があります。クラシックから最新のものまで色々な曲がYouTubeにあります。もちろん違法のものは使ってはいけません。公式かどうかきちんとチェックしましょう。

 

学校でYouTubeを活用することに関連する情報はこちらにまとめています。特に著作権の取り扱いには注意が必要です。「学校における著作権入門(教員のためのシーン別著作権)」で解説していますので、あわせてご覧ください。

 

最近では合唱曲がたくさんあがっていたり、パートごとの旋律を歌ってくれるONTAのようなチャンネルがあったり、伴奏を弾いていたり、様々な学校の演奏をアップしたり、教員も生徒も勉強できる素材が集まっています。CD・DVDを買うのには手続に時間が必要ですし、もちろん自腹を切って買うものではありません。

オンラインを有効に使って様々な音源を探してみてください。

 

 

購入のポイント3:お金(予算)のありかはどこ?

財布がどこにあって、そこにはいくらあるのか。きちんと把握しておきましょう。

財布は複数ある場合もあります。つまり、音楽の授業で使っていいお金がどこから出てくるかというのが、いくつもある場合があります。
多いのは自治体の財布。学校によっては寄付金や助成金といった他の財布があることもあります。使い方も授業に使っていいもの、吹奏楽やオーケストラなど部活動に限って使えるものなど色々用途がありますので、必ず副校長先生・教頭先生など管理職に聞いてから使うようにしましょう。

 

お金の話はタブーではないか?お金もうけは悪ではないか?という風潮があります。教員の中にもあると思います。しかし、お金を知ることは重要であり、教員であるならば国のお金(文科省予算)をきちんと知ることが大事だと思います。「教員になる前に社会のことをもっと知ろう!日経平均・文科省予算・著作権を理解してますか?」でお話しています。

 

一番詳しいのはもちろん事務の先生です。
「これが欲しい」「なくて困っている」と話すと、先ほど1で話をしたような「借りる」という手段を教えてくれたり、代替品を教えてくれたり、場合によっては市区町村内の事務員さんに聞いてくれるという方もいらっしゃいます。

自分ひとりで迷わないで、色々な人に発信する、協力を求めるということが大事だと思います。

 

教員がお金のことを考える際にも事務さんからの情報が有益となる場面があります。詳細は「教員が最低限身につけるべきお金の知識~貯金・保険・投資~」をご覧ください。

 

 

まとめ:音楽教員のための授業で必要な教材・教具の購入方法

授業に必要だと思う教材や教具は我慢する必要はありません。もちろん、工夫は必要です。自分ひとりで悩まないで困っていることを伝えれば必ず解決の糸口が見えてきます。

先生の授業への熱意は、色々な人の心を動かします。ぜひ躊躇しないで、自分の気持ちを発信してください。その際は年間指導計画を見て早め早めに準備をしておくのが大事です。

 

年間指導計画を立てる際にどのような点に気を付けたらいいのかについて「音楽科の年間指導計画の立て方」で解説しました。

 

ブログ記事の内容は動画と同じです。
動画「音楽教員のための授業で必要な教材・教具の購入方法」も是非ご覧ください。

ネットや本の情報・専門家への問い合わせでは解決しないことありませんか?
公立・国立の学校現場を知っている経験を生かして、机上の法律と学校現場の皆さんとをつなぎます。現実的に学校での対応が可能な施策を一緒に考えましょう。

▶お仕事・相談・質問はこちらの問い合わせページから受け付けています。

この記事を書いた人
原口直

Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭に。
東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導・進路指導・新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。
会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました