【教育実習生・指導教員の先生必見】実習前から実習後までのポイントを解説した教育実習ガイド公開中

【教員のメンタルヘルス】教員のためのストレスとの向き合い方・解消する方法

【教員のメンタルヘルス】教員のためのストレスとの向き合い方・解消する方法一歩先ゆく音楽教育(スキルアップ編)
一歩先ゆく音楽教育(スキルアップ編)
この記事は約6分で読めます。

中学校音楽の教育実習ガイドを公開中!

【中学校音楽の教育実習生・実習生を受け入れる指導教員の先生へ】
指導教員の経験を踏まえて、実習前から実習後までの中学校音楽の教育実習のポイントを網羅的に紹介します。また、所属学部・専攻別の実習生へのアドバイスも必見です。

【科目問わず全ての教育実習生へ】
教育実習中の心得(STEP2)・教育実習が終わったら(STEP6)は必見です。
指導教員の先生へのお礼状のマナーや実習校でのマナーなど、実践的知識を紹介します。

中学校音楽の教育実習ガイド(実習前から実習後までのポイントを解説)

音楽教員歴10年の原口直です。

学校の先生というとストレスが多い仕事のように感じます。実際そうなのかもしれません。教員はどのようにストレスと向き合ったらいいのか、一般的なストレスの解消法を教員目線で話したいと思います。

今日紹介するストレス解消法は雑誌から引用したものです。6つ紹介されています。

 

1.お気に入りの場所を探す。
2.声を出して笑う。
3.適度な運動
4.良い睡眠を撮る
5.水素を吸入する
6.瞑想

 

実際の音楽の先生はどうでしょうか。一つひとつ話をします。

 

【教員のメンタルヘルス】ストレスを削減するための教員の「仕事への向き合い方・考え方」の3つのヒント」の動画では、教員に必要な資質・考え方はどういったものなのかを解説しています。自分が教員に向いているのかどうか・素質があるのかどうか気になる方はご覧ください。

 

 

教員のストレス解消法1:お気に入りの場所を探す

音楽の先生のお気に入りの場所と言えば、ピアノの前かもしれません。音楽の教員にとっての音楽は、ストレスの原因にもなり、ストレス解消の方法でもあると思います。ピアノの前に座るということは、仕事のことも趣味のことも両方考えてしまいます。

音楽を聴いたり、楽器に向き合うというのは私たちにとっては仕事の一環でもあるわけですので、自分にとってお気に入りの場所は楽器以外の場所に在るかもしれません。この「仕事と切り離して考える」というのが大事かもしれません。

 

音楽が好きという人はとても多く、音楽教員としては嬉しいことです。しかし、音楽を仕事にするとなると少し様子が違います。音楽科教員は音楽を仕事としている1人だと思いますが、「【戦う覚悟ある?】趣味の音楽・仕事の音楽はこんなに大きく違う」では趣味と仕事としての音楽の違いについて話をしました。

 

 

教員のストレス解消法2:声を出して笑う

学校に居ても声を出して笑うことはよくありました。生徒や先生方と話している中で、声を出して笑うことはよくありました。

学校外でこういったことを設定するには、やはり私の大好きな「お笑い」です。お笑いの番組を観るのはもちろんそうですが、ぜひライブで見てみてください。劇場に足を運ぶと、まったくお笑いの見え方が違ってきます。寄席に行くのもいいと思います。笑わせるプロたちが劇場や寄席にはたくさんいます。

ぜひ声を出して笑うために、劇場や寄席に行ってみてください。

 

生徒の興味を惹く話し方を学ぶには、お笑い芸人さん・落語家さんの話し方が参考になります。「視聴者からの質問に回答②〜音楽科目が苦手・嫌いな生徒がいたらどうする?」の動画で、その理由を紹介しています。

 

 

教員のストレス解消法3:適度な運動

これは意識しないとできないかもしれません。

音楽の教員はほとんどの時間を音楽室か職員室で座って過ごすことが多いです。もちろん合唱や器楽、和楽器を教える場合はずっと立っていることもあります。この立ち続ける、座り続けるが日常的には多いです。その中で適度な運動は心がけないとできないかもしれません。

もしかしたら、運動が苦手な人が多いかもしれませんが、実際に教員は体力も必要です。例えば、運動会、林間学校の登山。こういったところでは、体力が必要になってきますので、運動が苦手という人も適度な運動をしてみましょう。

 

音楽教員は、全クラス・全学年の授業を持っているため生徒もこちらも顔がわかっていること、(音楽教員が女性の場合は)「女性である」という理由で宿泊行事の引率に加わる場合ことが多々あります。「副担任・音楽教員としての学校宿泊行事への関わり方」で、引率時に注意するポイントを紹介しています。

 

 

教員のストレス解消法4:良い睡眠を取る

これも日々の睡眠をきちんととれているでしょうか。なかなか学校から帰る時間が遅くなってしまうかもしれませんし、朝早いというのも先生にはよくあることです。

いい睡眠をきちんと取るのは、音楽教員にとっては声をよく出すため、体を動かすためにはとても重要です。自分の授業のためと思って、いい睡眠を取ることを心がけましょう。

 

ベストセラー「入社1年目の教科書」を教員1年目(初任者)に当てはめて解説」の動画でお話している通り、社会人にとって睡眠は大切です。本書に触れられている項目の中で、教員にとって大切なこととは何か?もあわせて紹介していますので、是非ご覧ください。

 

 

教員のストレス解消法5:水素を吸入する

この説については論文が出ているようですので、詳しく知りたい人は調べるといいと思いますが、こういった科学的根拠があるものを取り入れるのも一つの手かもしれません。

 

 

教員のストレス解消法6:瞑想

これも最近はマインドフルネスといって色々な本や論文が出ているようです。様々に効果があるようですので、興味がある人は調べてみてください。

 

何より大切なことは日々の健康管理です。「教員のための心と体の健康管理方法」の動画のなかで、現役教員時代に心と身体の健康を維持するためにやっていたことを紹介しています。

 

 

まとめ:【教員のメンタルヘルス】教員のためのストレスとの向き合い方・解消する方法

日々過ごしている中で学校がある日もない日も、音楽や教育のことを考えないのは無理だと私は思います。これを考えなくて済むようにするために、これ以上に没頭できる何かを作るといいと思います。

私の場合、トレッキング、登山、バードウォッチング、野球観戦、舞台鑑賞などをしていました。

 

私の趣味(一見すると無関係の趣味が音楽教育の教材につながるという話)」でお話していますが、趣味が教材研究に繋がることも多いと感じるのです。

 

自分が考えないようしようというのではなく、考えなくさせてくれる、没頭する趣味を見つけてもいいと思います。

 

ブログ記事の内容は動画と同じです。
動画「【教員のメンタルヘルス】教員のためのストレスとの向き合い方・解消する方法」も是非ご覧ください。

この記事を書いた人
原口直

Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭に。
東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導・進路指導・新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。
会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました