【教育実習生・指導教員の先生必見】実習前から実習後までのポイントを解説した教育実習ガイド公開中

記事紹介:SARTRASが「授業目的公衆送信補償金制度」の補償金額を認可申請、説明会を開催

ニュースコメント
ニュースコメント
この記事は約2分で読めます。

中学校音楽の教育実習ガイドを公開中!

【中学校音楽の教育実習生・実習生を受け入れる指導教員の先生へ】
指導教員の経験を踏まえて、実習前から実習後までの中学校音楽の教育実習のポイントを網羅的に紹介します。また、所属学部・専攻別の実習生へのアドバイスも必見です。

【科目問わず全ての教育実習生へ】
教育実習中の心得(STEP2)・教育実習が終わったら(STEP6)は必見です。
指導教員の先生へのお礼状のマナーや実習校でのマナーなど、実践的知識を紹介します。

中学校音楽の教育実習ガイド(実習前から実習後までのポイントを解説)

文化庁著作権課と授業目的公衆送信補償金等管理協会(SARTRAS、サートラス)は、「授業目的公衆送信補償金制度」の趣旨説明や2021年度以降の運用について説明会を開催しました。

 

 

授業目的公衆送信補償金制度は、学校や大学など教育機関が補償金を払うことで個別に著作者の許諾を得なくても、著作物を利用した教材や資料を電子メールで送信したり、LMS(学習管理システム)などで共有したり、著作物を利用した授業映像を録画して配信したりすることを可能にする制度。

 

2021年度からの補償金が提案されました。使用量や回数ではなく、1人あたり均一の年間金額です。(校種別の詳細はサイトの資料をご参照ください。)

 

幼稚園・保育所・こども園・放課後児童クラブ 60円
小学校 120円
中学校 180円
高校  420円
大学  720円

 

フランスの同様の保証金制度やアメリカ許諾権を購入する例も説明されています。

文化庁は年内をめどに適正かどうかを判断するとのことです。知的財産権や著作権について、創る側・使う側双方の人も思いも知りすぎています。学校の先生方はどのように感じるでしょうか。では、子どもたちは?

著作物・創る側・使う側の気持ちや決まりを知って、関心が寄せられることを期待します。

 

この記事を書いた人
原口直

Google認定教育者/東京学芸大こども未来研究所教育支援フェロー

東京学芸大学教育学部卒業後、大手芸能プロダクショングループ勤務を経て音楽科教諭に。
東京都内の公立中学校および東京学芸大学附属世田谷中学校において、教育実習生の指導・進路指導・新しい学習内容「生活と社会に関わる音楽の授業実践」を重ねる。
会社員時代の経験を活かした知的財産権教育の研究・発表実績多数。

2020年春より教室からYouTube動画・ウェブサイト・講演にフィールドを移し、教員や教育実習生が学ぶためのコンテンツを発信している。

原口直をフォローする
原口直をフォローする
原口 直の一歩先ゆく音楽教育

コメント

タイトルとURLをコピーしました